LOEWEがアウトドアウェアと上質な革のバランスが絶妙な2018年秋冬メンズコレクションを発表 新アンバサダーにジョシュ・オコナーを起用

LOEWE(ロエベ)がメンズ2018年秋冬コレクションを発表した。パリ、サン=シュルピスに位置するロエベ本社で発表された今回のコレクションは、白く塗りつぶされた窓の内側、そして明るく白いライティングの下、松の木で作られたショーケースに防音フォームを設置した会場内にディスプレイ。M/M Parisによって創り出されたこの禁欲的な空間は、衣裳部屋、ワードローブ、そして今は使用されていないギャラリースペースを思わせる。ファンクショナルなコレクションと、この空間のコントラストは、押さえられた男性らしさを引き出し、巧妙なトリックは、LOEWEの上品な素材やクラフトが反映されたアイテムへのアプローチを回避。抑えたアンバーやモスといったカラーパレットはアウトドアの素晴らしさが表現され、レザーに施された新しい仕上げは、焼けた古艶やコーデュロイを思わす仕上げに。クラシカルなアウトドアウェアのシェープは、上質なムートンやチェックのメルトンウール、パッチワーク、もしくは大きな装飾的な縫い目で構築的に仕上げられ、ラグビーボーを思わすレーシング加工やロエベの代表的なロゴは、タイムレスなボーイッシュモチーフとして用いられ、一方でロープや麻紐のノットの並びやミニチュアのテラコッタの陶器といった装飾はお守り的な意味を加えている。また、今シーズンLOEWEのキャンペーンでは、イギリスの俳優ジョッシュ・オコナー(Josh O’Connor)がモデルを務め、撮影はスティーブン・マイゼルが担当。マドリッドにあるレイナヴィクトリア劇場にて行われた。ロエベのクリエイティブ ディレクター、ジョナサン・アンダーソンは「私は、映画を見、そしてとてつもなく感動して映画館をでてきたのを覚えています。私はジョシュのパフォーマンスには天才的な強さがあり、そしてそれはとてもピュアで、とても自然な雰囲気が漂っているそれに魅了されました。見てすぐにロエベのメンズの顔に相応しいと感じました。彼は、私の心にまっすぐに訴えかけてきたのです。」と新アンバサダーに就任したジョシュ・オコナーについてコメント。パリで開催中のファッションウィークに合わせ、1月17日から12日間、5000枚のポスターを街中に貼り出す広告キャンペーンも開催。新アンバサダー ジョシュ・オコナーと共に、LOEWEの2018年メンズ秋冬コレクションをチェックして。

■LOEWE Mens Fall/Winter 2018 Advertising Campaign

loewe.com