GIVENCHYがスプーキーな雰囲気とシュルレアリスティックな現代の流れが混じり合う2018年春夏キャンペーンファーストイメージを発表

GIVENCHY(ジバンシィ)が、アーティスティック ディレクター、クレア・ワイト・ケラー ディレクションの元、フォトグラファー、スティーブン・マイゼルによって撮影された、2018年春夏キャンペーンのファーストイメージを発表。クレア・ワイト・ケラーによる初めてのランウェイ、そして昨秋のキャンペーンテーマ”トランスフォーメーション セダクション(変革の誘惑)”とは対照的に、今回のキャンペーンは、ニューヨーク州北部の個人邸宅で撮影された。全体的にシュルレアリスティックな現代の流れが感じられるプライベートな空間に、オールナイトパーティから抜け出してきた、若くロックなグループがたむろするような、スプーキーな雰囲気。今シーズンの70年代の雰囲気は、まるで友人間で撮影されたかのようにラフに撮られた、白黒のポートレートとして表現されている。適度にムーディなヴィジュアルは、仲間内でくつろぐためのインビテーションのよう。クレア・ワイト・ケラーは「モデルたちが魅力的に振る舞えるよう、友人宅のパーティに招待された時のように、自分らしく振る舞うよう伝えました。こうすることで、ファッションを愛して止まないジェネレーションの本質を捉え、何よりも自身の個性を大切にする人々のスピリットを見せることができたのです。」とコメント。モノクロのポートレート横には、2018年春夏コレクションのキーアクセサリーがカラーで配置され、キャラメルのGV3バッグ、プリントレザーのコントラストが効いたコニャックやブラックのカンガルーレザーのネオクラシック・ジバンシィ・ブーツ、矢や短剣などのクレアお気に入りのシンボルを用いたジュエリーなどがスターピースに含まれています。また、スプリング・アイウェア・コレクションにはさりげない雰囲気でありながらも考え抜かれたスターリングテクスチャーのアビエイターやマスクスタイルなどがラインアップ。スプーキーで、シュルレアリスティックな現代の流れが感じられる、GIVENCHYの2018年春夏キャンペーンのファーストイメージをチェックして。

 

■GIVENCHY Spring Summer Collection 2018 Advertising Campaign

https://www.givenchy.com