DIANE von FURSTENBERG Spring/Summer 2018collection 自由でルールに捉われない女性を呼び起こす、自発的で表現力に満ちたコレクション

DVF_S18_LOOK_1

ユーススピリットが加わり、エキセントリックな要素とエフォートレスグラマラスがよりエネルギッシュに融合された、DIANE von FURSTENBERG(ダイアン フォン ファステンバーグ)の2018年春夏コレクション。今年も、ブランド発祥地でもあるニューヨークにて発表。大きなトランスペアレントスクリーンに映し出されたコレクション動画は、1966年のAndy Warhol(アンディ・ ウォーホル)による代表作「Exploding Plastic Inevitable」フィルムを連想させるものとなった。今やブランドシグネチャーとも言える、ビビットカラーフラワープリントとグラフィックドットストライプミックス、ダンスムーブメントからインスパイアされた大胆なカラーにダイアン フォン ファステンバーグらしさが表れている。コバルト、チェストナットブルーに染まったクロップドジャケット、ライラック毛皮の襟を纏ったベルト付きカラメルレザートレンチといった、個性に溢れるアウターのほかに、ベルベット仕様ニーハイレースアップブーツなど新たなフットウェアーにも注目。また、今回のコレクションは、想像力豊かでどこか反抗的な魅力を持つ、jane forth(ジェーン・フォース)が大きく影響している。アンディ・ウォーホルのミューズの1人でもあり、ダイアン フォン ファステンバーグの1970年代初のモデルも務めた、フォース。独特の美しさと狂気的要素を持つ彼女のような女性を思わせる、自発的で表現力に満ちたコレクションとなった。

DVF_S18_LOOK_2 DVF_S18_LOOK_3 DVF_S18_LOOK_4 DVF_S18_LOOK_5 DVF_S18_LOOK_6 DVF_S18_LOOK_7 DVF_S18_LOOK_8 DVF_S18_LOOK_9 DVF_S18_LOOK_10 DVF_S18_LOOK_11 DVF_S18_LOOK_12 DVF_S18_LOOK_13 DVF_S18_LOOK_14 DVF_S18_LOOK_15 DVF_S18_LOOK_16 DVF_S18_LOOK_17 DVF_S18_LOOK_18 DVF_S18_LOOK_19 DVF_S18_LOOK_20