rag&bone Spring/Summer 2018 Collection 従来のファッションショーとは異なる形式でコレクションと新プロジェクト「Photo Project」を発表

RBSS18_Look1_Maye Musk

rag&bone(ラグ&ボーン)は、2018春夏コレクションの発表をNYFW(ニューヨークファッションウィーク)のオフィシャルカレンダーに掲載される、従来のファッションショーの形式から離れることを決定した。クリエイティブ・ディレクターのマーカス・ウェインラインは「しばらくの間、私は(私だけではない気がしておりますが)伝統的なファッションシステムが今日の時代に与える効果について疑問を持っていました。特に今のラグ&ボーンにとってキャットウォークや大きなイベントを行うことが、ブランドの今の立ち位置とずれてきている気がしたのです。私はNYFWの信者であり、多くの点でとても感謝しています。ただ今の我々にとってNYFWのカレンダーの一部として参加することよりも、意味があり効果的な方法をとってコレクションを発表したいと思いました」とコメント。2018年春夏シーズンでは、ファッションショーの代わりにショールームにパートナーやプレスを招待し、個別のアポイントを通してコレクションの発表を行った。また同時に、ラグ&ボーンは新プロジェクト「Photo Project(フォトプロジェクト)」も発表。「フォトプロジェクト」とは、様々な分野で活躍するラグ&ボーンの仲間である被写体にセルフポートレートを一番リラックスした状態で撮影してもらい、それぞれが持つ個性が映し出された作品が生み出された、貴重なポートレートシリーズ。さらに、ラグ&ボーンはこのプロジェクトをチャリティプロジェクトとし、参加者の指定した慈善団体に寄付金が送られることを目的にしている。多くの著名人がこのプロジェクトに賛同し、20以上の非営利団体と、ハリケーンの義援金に寄付金が送られる。「昨シーズンは個性に焦点を当て、ブランドの友人たちに自身で服を選んでもらいポートレートを撮影しました。そこから今シーズンはさらに掘り下げ、自分の視点から見た自分らしさを表現しました。個性を表現することが今の私たちのブランドだけでなく、世界各地で起きている社会的、政治的に起こっているすべての状況の両方に関連するトピックだと思います」とマーカス・ウェインライトは語る。ラグ&ボーンの2018年春夏コレクションとともに「フォトプロジェクト」を通して、あなた自身を、そして世界をじっくりと見つめ直してみては?

RBSS18_Look2_Marina TestinoRBSS18_Look3_Carolyn MurphyRBSS18_Look5_Andreea DiaconuRBSS18_Look6_Mirabelle MardenRBSS18_Look7_Julia HafstromRBSS18_Look8_Carolyn MurphyRBSS18_Look9_Ilfenesh HaderaRBSS18_Look10_Cameron RussellRBSS18_Look11_Carolyn MurphyRBSS18_Look12_Tali LennoxRBSS18_Look13_Camilla DeterreRBSS18_Look14_Elliot TebeleRBSS18_Look15_Roos AbelsRBSS18_Look16_Lil BuckAutosave-File vom d-lab2/3 der AgfaPhoto GmbHRBSS18_Look18_Walton FordRBSS18_Look19_DazeRBSS18_Look20_Andre Branch