MAISON KITSUNÉ 2018 Pre S/S Collection 空想の街"ロマンス"を舞台に愛の詰まった冒険へと誘う

MAISON KITSUNÉ_press18_01

MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)の2018年春夏プレコレクションは、空想の街”ロマンス”を舞台にしたコレクション。クリエイティブ ディレクターGildas Loaëc(ジルダ・ロアエック)と黒木 理也が手掛けるコレクション「Last Exit to Romance」はリラックスでカジュアルエレガンスが合わさったモダンなアプローチで、ユートピアである”ロマンス”への愛の詰まった冒険へと誘う。マイアミとロサンゼルスが見事にミックスされたような街”ロマンス”。太陽に包まれたパステルカラーの景色、果てしない水平線など夏の魅力に溢れています。豊かな自然に囲まれ、のんびりとした生活。愛と恍惚のシンボル”ラブバード”も、その夢のような街に息づいています。”ロマンス”では、サーフカルチャーや、自由気ままなノンシャランなスタイルなど、カリフォルニアライクなスピリットで、ルーズでスポンテニアスにファッションが楽しまれています。ネイビーブルーのコットンジャンプスーツにストライプセーターを腰に巻き、ハートのピアスでバカンスライクなコーディネート。オーバーダイ加工の施されたベージュのタイトスカートは、ショートスリーブのポプリンシャツとサンダーブルーのコーチジャケット、リバーシブルナイロンハットをあわせたカジュアルな雰囲気のコーディネートなど、印象的なサマースタイルが並びます。ハワイアンな花柄や、遊び心溢れるストライプパターンをプリントに採用。繊細な刺繍で表現された愛と恍惚のシンボルである”ラブバード”は優しく、叙情的な雰囲気をコレクションへ与えます。マイアミの暑い日差しやポップな雰囲気もMAISON KITSUNÉらしい遊び心で、コレクションに落とし込まれています。マイアミを象徴するレーシングボートは、ニットのセットアップとして、グラフィカルにジャガードの総柄で表現。また、”ロマンス”の街に沈む夕日は、ストライプのホワイトTシャツにプリント。ロマンチックな白コットンシャツと、ネイビーのデニムジャケットにはラテンインスパイアの特徴的なハートモチーフがあしらわれています。ヴィンテージスカーフより着想を得たデザインは、トップス、スカート、ラップドレス等のシルクアイテムに採用され、コレクションに滑らかさとソフィスティケイテッドな印象を与えます。ファブリックは、ナチュラルで快適なものが選ばれ、ウォッシュ、色落ち、色染めなどの様々な加工によって、エフォートレスなヴィンテージ感を演出。強い日差しによって、サンブリーチされた様なナチュラルカラーも特徴的で、ベーシックなブラック、グレー、ネイビーは、グレージュ、エクリュ、ベージュによってよりソフトに、オークルや夕焼け色によりワームに、シャンブレーとイエローによってエネルギッシュに表現されています。

MAISON KITSUNÉ_press18_02 MAISON KITSUNÉ_press18_03 MAISON KITSUNÉ_press18_04 MAISON KITSUNÉ_press18_05 MAISON KITSUNÉ_press18_06 MAISON KITSUNÉ_press18_07 MAISON KITSUNÉ_press18_08 MAISON KITSUNÉ_press18_09 MAISON KITSUNÉ_press18_10 MAISON KITSUNÉ_press18_11 MAISON KITSUNÉ_press18_12 MAISON KITSUNÉ_press18_13 MAISON KITSUNÉ_press18_14 MAISON KITSUNÉ_press18_15 MAISON KITSUNÉ_press18_16 MAISON KITSUNÉ_press18_17 MAISON KITSUNÉ_press18_18 MAISON KITSUNÉ_press18_19 MAISON KITSUNÉ_press18_20 MAISON KITSUNÉ_press18_21 MAISON KITSUNÉ_press18_22 MAISON KITSUNÉ_press18_23 MAISON KITSUNÉ_press18_24

 

©Nicole Maria Winkler

 

■MAISON KITSUNÉ 

www.kitsune.fr