Rito 2017-18 A/W Collection 「- Shape change -衣服の形状変化 -」

Rito_17AW_1_retoys

海外からも評価の高い素材のクリエーションを手掛けてきたテキスタイルデザイナーが立ち上げたブランドの「Rito(リト)」。こだわり抜いた上質な素材を軸に、新しい独創的なフォルムを追求し、感度の高い女性たちに向け、内面から映し出されるラグジュアリーな雰囲気にモードなエッセンスを落とし込んだスタイルを提案している。2017-18年秋冬コレクションでは、建築家アレハンドロ・アラヴェナ氏の”Incremental Design(逐次的なデザイン) – 建てた後のディティールを決めるのはそこに住む家族に託す-“というコンテンツとハイブリットな建築デザインに感銘を受け、”洋服の着こなしは、 その洋服を着てくれる人に託す”という理念のもとに、スポンテニアスなムードを取り入れてデザイン。ブランドコンセプトである、見た目以上に着る側の感性に伝わる価値観を大切に、専門性の高い生産背景で作り込んだ生地を使用している。キーワードは、”ボリューム&シェイプ”と、”マスキュリン&フェミニン”、”90’S”。ボリューム&シェイプは、張りと膨らみのある特殊な素材を使用して、曲線的な フォルムや構築的なカッティングにこだわりデザイン。マスキュリン&フェミニンは、メンズスーツにあるようなストライプ ・ビックカフス、抜け感を出した衿といった Rito のアイコニックのディティールとなっている。そして90’Sは、90年代をインスピレーション源にしたパネル調のスカーフ柄のジャカード、毛皮風ニット、こだわり抜いた落ち感のある シルク素材などで着る側の立場に立った自由自在のレイヤリングの提案している。

Rito_17AW_2_retoys Rito_17AW_3_retoys Rito_17AW_4_retoys Rito_17AW_5_retoys Rito_17AW_6_retoys Rito_17AW_7_retoys Rito_17AW_8_retoys Rito_17AW_9_retoys Rito_17AW_10_retoys Rito_17AW_11_retoys Rito_17AW_12_retoys Rito_17AW_13_retoys Rito_17AW_14_retoys Rito_17AW_15_retoys Rito_17AW_16_retoys Rito_17AW_17_retoys Rito_17AW_18_retoys Rito_17AW_19_retoys Rito_17AW_20_retoys

■Rito

http://rito77.com/