STUDIO NICHOLSON 2017-18 A/W Collection "Reworking the Familiar - An Ode to Wes Anderson"

STUDIO_NICHOLSON_17AW_1_retoys

「STUDIO NICHOLSON(スタジオ ニコルソン)」の2017-18年秋冬コレクションのテーマは、”Reworking the Familiar – An Ode to Wes Anderson”。Wes Anderson(ウェス・アンダーソン)監督作品の大ファンであるデザイナーNick Wakeman(ニック・ウェイクマン)氏。今回のコレクションは、シュールな世界を描写するWes Anderson氏の映画の中の色彩や舞台セット、そして使用される衣装のワードローブをインスピレーションに、Nick Wakeman氏がいつも思い描いているメンズウェアとオーセンティックかつ伝統的(典型的)なメンズのシェイプをMIXすることにより、出来上がったもの。デザインコンセプトでもあるオーバーサイズや、ダーツをデザインとしたコート、シャツやルーズなパンツ、ボーイフレンドからかりたような女っぽくないニット。Nick Wakeman氏が映画で使われているワードローブの数々をカタログから見つけたのは、”リサイクルショップで売られているような安っぽいスーツやシャツ、そしてちょっと風変わりなニットにテニスシューズを合わせて履いているスタイル”。それらは、ダイレクトにコレクションに表現されている。

STUDIO_NICHOLSON_17AW_2_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_3_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_4_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_5_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_6_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_7_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_8_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_9_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_10_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_11_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_12_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_13_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_14_retoys STUDIO_NICHOLSON_17AW_15_retoys