Neil Barrett A/W 2017 COLLECTION 現代と過去のスタイルを再構築し遊びをもたらす

Neil_Barrett_17AW_1_retoys

Neil Barrett(ニール・バレット)氏自身とブランドの過去を振り返り、21世紀へ向けて再構築した「Neil Barrett(ニール バレット)」の2017年秋冬コレクション。コレクションはテーラリングがベースとなり、シルエットとボリュームの探求をテンプレートとし、伝統的なメンズスーツにフォーカス。1980年代のロンドンでのアートカレッジ時代とミリタリーテーラーとしての伝統的な家系から影響を受け、コートやテーラリングファブリックをミックスし、男性のための新たなシルエットを創造している。細身のジャケットはワイドクロップドパンツとコーディネートし、シグネチャーであるオーバーサイズとスリムのハイブリッドシルエットは、コレクションのキー。ロングコートとダウンジャケット、デニムジャケットとバイカースタイル、シングルとダブルブレストスーツジャケットのハイブリッドアイテムも目をひく。またその他のアイテムは、1980年代のダイナミックなエネルギーから着想し、ストリートスタイルマガジンやクリエイティブ集団”Buffalo”のスタイルは、Nick Kamen(ニック・カメン)氏とBarry Kamen(バリー・ケイマン)氏のスタイルを再解釈。イエロー、レッド、ヘーゼルナッツオレンジとコバルトは控えめなブラック、グレー、ホワイトのカラーパレットと組み合わせ、80年代の影響は、Echo & The BunnymenやThe Cureの歌詞に加え、Siouxsie & The Bansheesのツアーイメージから由来し、強調されている。そして今回のコレクションは、過去10年で初めてメンズウェアとウィメンズウェアを1つのショーとして発表。ウィメンズコレクションはテーラリングの新しいボリュームと原色使い、スポーツとスーチングの融合などメンズコレクションのテーマをベースとしている。どちらのコレクションのファブリックも、ウール、カシミヤとビスコースウールギャバジン、ピンストライプとチョークストライプのフランネルを使用した、トラディショナルなテーラリングとナイロンとのコントラストがキー。ニットは、メンズのシャツとウィメンズのドレスの鮮やかなカラーとテクスチャーをミックスしており、はっきりとした色合いの滑らかでテクニカルなニットか、複雑なインターシャのパンクテイストのモヘアで編まれている。

Neil_Barrett_17AW_2_retoysNeil_Barrett_17AW_3_retoysNeil_Barrett_17AW_4_retoysNeil_Barrett_17AW_5_retoysNeil_Barrett_17AW_6_retoysNeil_Barrett_17AW_7_retoysNeil_Barrett_17AW_8_retoysNeil_Barrett_17AW_9_retoysNeil_Barrett_17AW_10_retoysNeil_Barrett_17AW_11_retoysNeil_Barrett_17AW_12_retoysNeil_Barrett_17AW_13_retoysNeil_Barrett_17AW_14_retoysNeil_Barrett_17AW_15_retoys