LAD MUSICIAN 2017 S/S Collection ニヒリズムとアナーキズムの現在

lad_musician_17ss_1_retoys

「LAD MUSICIAN(ラッドミュージシャン)」2017年春夏コレクションのテーマは、ニヒリズムとアナーキズムの現在(いま)。間 章(アイダ アキラ)氏の著書”時代の未明からきたるべきものへ”や、デレク・ベイリーのあらゆる音源、ニヒリズムとアナーキズムを感じさせるアド・ラインハート、ロバート・マザウェル、等のアート作品からインスピレーションを得ている。無意味な黒く塗りつぶされた矩形の作品から着想した、肩幅を広くして袖山を細くシャープにしたボックスシルエットのノッチド、ショールカラー、ライダース型、ロング丈等のジャケットに加え、花柄と単色で表現したリバーシブル仕立てのスカジャン、3LAYER機能素材による完全防水のフードブルゾンなどが目をひく。2タックのテーパードワイドパンツやバギーのフルレングス、パジャマ型や前後逆に着たようなデザインのスタンドカラープルオーバー、ハリのある裏毛素材でボックス形状のフォルムを際立たせたビッグスウェットなどを展開している。裾口を切替えで絞ったワイドパンツは正面の裾は緩やかなラインをキープさせたシルエットに進化。アクセサリーは、アナーキズムのシンボルでもある鍵をモチーフに十字架の鍵型ヘッドに3種類のチェーンで構成されたウォレットチェーン、ネックレス、フォルムの調整が可能な十字架モチーフのストラップがついたバックパックなどが登場。死者への手向け花からイメージした花柄や、アド・ラインハートの作品から黒い真四角の配色で構成されたブロックパターン、ロバート・マザウェルやサイトゥ・オンブリーのアクションペインティングの技法でフリーハンドで画いたグラフィックTシャツなどが印象的なコレクションに仕上がっている。

lad_musician_17ss_2_retoyslad_musician_17ss_3_retoyslad_musician_17ss_4_retoyslad_musician_17ss_5_retoyslad_musician_17ss_6_retoyslad_musician_17ss_7_retoyslad_musician_17ss_8_retoyslad_musician_17ss_9_retoyslad_musician_17ss_10_retoyslad_musician_17ss_11_retoyslad_musician_17ss_12_retoyslad_musician_17ss_13_retoyslad_musician_17ss_14_retoyslad_musician_17ss_15_retoyslad_musician_17ss_16_retoyslad_musician_17ss_17_retoyslad_musician_17ss_18_retoys