Proenza Schouler Pre-Spring 2017 Collection "エフォートレス"や"リラックス"を追求したコレクション

PS_PreSpring13_RTW_FIN:cover

Proenza Schouler(プロエンザスクーラー)のPre-Spring 2017 Collectionは、クラフトやカラー、サーフェス、そして”エフォートレス”や”リラックス”を追求したコレクション。デザイナーのジャックとラザロは、強くてモダンでありながら、ウェアラブルで幅広いレンジのワードローブを作ることにフォーカス。激しいカラーパレットをピュアなシルエットで展開し、軽いテキスチャーはリッチなカッティングで重厚感を加えている。現代のツールを使用せず、昔ながらの手法と言える”タイ”や”結ぶ”といったディティールを様々な箇所に採用した今回のコレクション。ダイナミックなアシンメトリーもモチーフとなっており、ブランドのシグニチャーとなるプリーツ、クロシェット、ラッフルなども前シーズンから引き続き継続して全体的に使用している。目指したのは、revolution(革命)ではなく、evolution(進化)。カラフルなグラフィックニットやドレス、マルチレイヤーのプリントを意外な組み合わせで提案し、手作業で織られたツイード、クリスプでクリーンなコットン、シャドーストライプのシルクボイルをメインとした様々なテキスチャーが、コレクションに深みを加えている。ハンドバックも、ビビッドかつカラフルなカラーパレットで展開。ウィップステッチや激しいグラフィックをピュアでプライマリーな色で表現し、そこにハンドメイドのエレメンツを加えることでクラフト感を加えている。またブランドのクラシックスタイルのHavaとHexバッグに加え、新作のCurlクラッチが登場。バッグと同じカラーやテキスチャーはシューズにも反映され、コレクション全体の個性的なアクセントとなっている。

PS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverproenza_schouler_ps17_8_retoysproenza_schouler_ps17_9_retoysPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:coverPS_PreSpring13_RTW_FIN:cover

■Proenza Schouler

https://www.proenzaschouler.com/