Elizabeth and James SPRING 2017 Collection スポーツウェアディテールのモダンフェミニニティへの探求

ej_s17_1_retoys

90年代前半のスタイルより着想を得たElizabeth and Jamesの2017春コレクションは、スポーツウェアディテールのモダンフェミニニティへの探求。フェミニンな要素はコレクションを通じて登場し、今シーズンもイージーでエフォートレスなドレスはブランドのシグネチャー。個性的で心地良さを好む、モダンな女性のワードローブを提案している。エッグシェル、アイボリー、ブラックやコーラルのグラデーションのドレスは、テクスチャーのコンビネーションを強調。シルクハボタイやサテン、シフォンは、リュクスなナイロン、ヤーン・ダイドデニム、クリスプニットと対照的。また、柔らかさとセンシュアルをアピールするためのラッフル、ルーシュ、スモックドディテールも印象的で、ルーズでイージーなスーチングはメンズウェアから影響を受けている。それに対して、シルクのスカーフプリントのセパレートとバハストライプのコンビネーションはアルチザンフィーリングを醸し出し、着物からインスパイアされたベンテッドスリーブのベルテッドジャケットは、ワイドレッグパンツとコーディネイト。エフォートレスでありながら方向性がはっきりとしているアクセサリーは、ドレスとコーディネイトすることを提案している。アルミニウムで皺加工が施されたレザーのハンドバッグ、丸いスカルプチュアイアリング、日本の紙からインスパイアされたアセテートのサングラスからは、ポップなシルバーを見ることが可能。そして、バッグのタッセルディテールとユニークなウッド風のイアリングは、アルチザンの雰囲気を漂わせ、それに対しメタルフレームのサングラスとシルクの紐のブレスレットは90年代スタイルを連想させる。

ej_s17_2_retoysej_s17_3_retoysej_s17_4_retoysej_s17_5_retoysej_s17_6_retoysej_s17_7_retoysej_s17_8_retoysej_s17_9_retoysej_s17_10_retoysej_s17_11_retoysej_s17_12_retoysej_s17_13_retoysej_s17_14_retoysej_s17_15_retoysej_s17_16_retoysej_s17_17_retoysej_s17_18_retoys