BOSS Womenswear Spring/Summer 2017 Collection 大胆な色使いと手の込んだクラフツマンシップの完璧な融合

000_boss_show_ss17_1 000_boss_show_ss17_2

アーティスティック・ディレクターのジェイソン・ウーが手掛け今回で6回目となるBOSS Womenswear(ボス ウィメンズウエア)の2017春夏コレクション。大胆な色使いと手の込んだクラフツマンシップの完璧な融合により、これまでになかった活気を身に纏っての登場となった。プールをモチーフとしたデビッド・ホックニーの作品群に見られる鮮やかな色合いと建築的なラインを起点に、スポーツウエアの要素と実用的なディテールを加味しつつ、肌が想起させる官能をわずかに添え、あえての未完成な仕上げが見事なテーラーリングとフェミニンなドレスとして完成。内側のドローストリング、調節可能なストラップ、大きめのポケットなどにより、前シーズンで完璧に彩っていたリラックスしたテーラーリングに、スポーティな方向性を持たせることに成功。レーヤリングをキーテーマに、編み目が細かく質感の豊かなニットのドレスはインパクトを倍増するべく両面仕上げとし、羽根のように軽やかなレースとシフォンのタンクトップをキールックのいくつかでコーディネート。エレクトリックブルー、スカーレット、ビビットフォレストグリーンが全体に使われ、これらが織り成すフローラルなカムフラージュのモチーフを、ジャカードと手作業で刺繍を施した美しいレースに採用。ロウエッジのツイード、シースルーのオーガンザ、フレンチ・レース、そしてプリーツを巧みに配したクレープなど、独特なファブリックとボス ウィメンズウエアならではの熟練の技により、伝統的なテクニックと革新性が融合を果たし、非対称とカットアウトのディテールがコレクションのモダンな感触の演出に。虹色に煌くカラーの配列により、明るいムードを更に際立たせたアクセサリー。ライニング無しのレザーのトートには、コントラストを成す色使いの明るい縁取りと調節可能なストラップを。レザー製のスライドシューズは、滑り止め付きのラバーソールに、繊細なレースとビーズと刺繍を配したクロスオーバーのアッパーをフィーチャー。ボス ビスポークも、よりリラックスした新たな装いを身に纏ったボス ビスポーク ソフトとしてランウェイに登場した。

001_boss_show_ss17 002_boss_show_ss17 003_boss_show_ss17 004_boss_show_ss17 005_boss_show_ss17 006_boss_show_ss17 007_boss_show_ss17 008_boss_show_ss17 009_boss_show_ss17 010_boss_show_ss17 011_boss_show_ss17 012_boss_show_ss17 013_boss_show_ss17 014_boss_show_ss17 015_boss_show_ss17 016_boss_show_ss17 017_boss_show_ss17 018_boss_show_ss17 019_boss_show_ss17 020_boss_show_ss17 021_boss_show_ss17 022_boss_show_ss17