TORY BURCH Spring/Summer 2017 Collection "East Coast meets West Coast"

SS17 TORY BURCH

「TORY BURCH」の2017年春夏コレクションは、東海岸のシックなロングドレススタイルや洗練されたプレッピースタイルに始まり、自由奔放なビーチタウン、西海岸へと続いている。ガーデンモチーフのグラフィックからスタートした今回のコレクションは、レガッタストライプとマリンモチーフのプリント、そしてボヘミアンバティックと花のパッチワークへと移り変わる。また波のプリントは、サーフシーンを繊細に表現。構築的なテーラリングによるエンパイアウエストや幅広のセーラーパンツ、トムボーイブレザーはコレクションが西海岸へ進むにつれて、風にたなびくドレスや、ピーサントブラウス、ボードショーツなどに柔らかく変化。裾の広がったボリュームのあるロングスカートは、クロップトップスに合わせてプロポーションで遊び、一方でチュニックとカフタンはエフォートレスなスタイルを強調し、コレクションを締めくくっている。ミュールやモカシン、パールが施されたスライドサンダル、そしてTORY SPORTのラッフルスニーカーなどのアクセサリーには、リラックスしたエフォートレスなムードが漂い、木製ハンドルが折り畳み式のハンドバッグはノスタルジックさを演出する一方で、ジュエリーは魚モチーフの襟とカフス、貝のチャームによって海からのインスピレーションを描いている。会場となったホイットニー美術館と、インスピレーション源である海岸へのオマージュとして、ブルックリンをベースに活動するアーティストSarah Oliphantが 3584×4フィートにおよぶカスタムフロアペイントを施し、窓から注ぎ込む自然光はビーチのような雰囲気を作り出している。またMichael Gaubertのプロデュースによる音楽は、The Bee Geesの”Massachusetts”と”I Can’t See Nobody”、Beyoncéの”Hold Up”、そしてYoung Thug’sの”Pick up the Phone”といったノスタルジックな楽曲とラップをミックスしてコントラストを引き立てている。

SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH SS17 TORY BURCH