LACOSTE Spring/Summer 2017 NY RUNWAY COLLECTION

lacoste_ss17_nyfs_backstage_1 lacoste_ss17_nyfs_backstage_2 lacoste_ss17_nyfs_backstage_3 lacoste_ss17_nyfs_backstage_4 lacoste_ss17_nyfs_backstage_5 lacoste_ss17_nyfs_backstage_6 lacoste_ss17_nyfs_backstage_7

PHOTO ©Ulrich Knoblauch

クリエイティブディレクター、フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista )による『LACOSTE(ラコステ)』の2017春夏コレクションは、“A TENNIS MATCH ON THE ROOFTOP OF VILLA MALAPARTE”などの5つのテーマを基に快適さ、エレガンス、そして官能美という概念を⾃由なスタイルで再定義した、現代におけるフレンチ・スポーツシックの一つの答えとなるコレクションを発表。ジャン=リュック・ゴダール(Jean-Luc Godard)の作品「軽蔑(原題 “Contempt”)」に登場するブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)が⾝に着けたバスローブやタオルが、フード付やショールカラーのバスローブに影響を与えています。そして、しつらえの紐をウエストの⾼い位置でベルトにし、あたかもテリー織りのビスチェワンピースように、エフォートレスなシルエットを作り出しています。デニム調のジャケットやリバーシブルのテリー素材のバミューダパンツは、まるで⼼からくつろげるブランケットのよう。1950年代のブラジルの家具を思わせる分厚い⽊製ソールの⽊靴や、靴紐やループホールを取り除いた厚底スニーカーのような靴とコーディネートされています。ニュージェネレーションのトロピカルプリントに登場するLACOSTEを象徴するマスコットであるワニは、やんちゃな落書きに囲まれた拡⼤されたワニのグラフィティー、アンディー・ウォーホール調に描かれたハーフトーンでフラットな⾊合いのもの、そしてル・コルビジエ(Le Corbisier)がパリのCité International Univercitéのスイスパビリオンで実施したフレスコ画のような⾃由奔放なブラッシュペイントのものなどが描かれました。シンプルさと徹底した⾃由奔放なスタイルで、⾃然な魅⼒の中に、新たな⼼の在りようの礎を構築しているLACOSTEの2017春夏コレクション。

Abra : Roses Written / Produced by ABRA Self-published

01_lacoste_ss17_nyfs_look_01 02_lacoste_ss17_nyfs_look_02 03_lacoste_ss17_nyfs_look_03 04_lacoste_ss17_nyfs_look_04 05_lacoste_ss17_nyfs_look_05 06_lacoste_ss17_nyfs_look_06 07_lacoste_ss17_nyfs_look_07 08_lacoste_ss17_nyfs_look_08 09_lacoste_ss17_nyfs_look_09 10_lacoste_ss17_nyfs_look_10 11_lacoste_ss17_nyfs_look_11 12_lacoste_ss17_nyfs_look_12 13_lacoste_ss17_nyfs_look_13 14_lacoste_ss17_nyfs_look_14