CHRISTIAN DADA MEN’S SPRING/SUMMER 2017 COLLECTION "PIECE"

christiandada_17ss_1retoys

混沌とした現代の社会情勢の中でデザイナー森川が想見する”LIFE/生きる”という事。そこから連想した数々のキーワードは互いに共存しながらもパラドックスを生み派生していく。「CHRISTIAN DADA(クリスチャンダダ)」メンズの2017春夏コレクションは、 YOKO ONOがコンセプチュアルアートの基盤を提案させた”Grapefruits”から着想を得て、様々な要素(Piece)を取り込む事で形成された。ユニフォームやミリタリーモチーフをベースに、その風合いを残しながらCHRISTIAN DADA独自の解釈で再構築。シーズンに渡りアート、ファッション、とデザイナーのルーツとの融合を体現してきたCHRISTIAN DADA。日本古来の唐草模様を施したオリジナルのリングやブランドのDNAでもある刺繍は、形あるものを描く事はではなく部分的に引用したポエムやリリックをダイレクトに散りばめ大胆なステイトメントピースとして存在感を与える。また染めや加工で素材にも様々なPieceを混成させ、ダークなカラーウェイ、カットオフエッジ、エイジングのアイテムは、退廃的でありつつも洗練されたCHRISTIAN DADAの原点回帰ともいえるコレクションとなった。

christiandada_17ss_2_retoyschristiandada_17ss_3_retoyschristiandada_17ss_4_retoyschristiandada_17ss_5_retoyschristiandada_17ss_6_retoyschristiandada_17ss_7_retoyschristiandada_17ss_8_retoyschristiandada_17ss_9_retoyschristiandada_17ss_10_retoyschristiandada_17ss_11_retoyschristiandada_17ss_12_retoyschristiandada_17ss_13_retoyschristiandada_17ss_14_retoyschristiandada_17ss_15_retoys