CO|TE 2016-17 A/W Collection

COTE Pre Fall 2016-2

CO|TE(コート)の2016年秋冬コレクションは、70年代のいくつかのアーカイブからインスピレーションを得ている。それは、若くてハイパーフェミニンな女優イザベラ・ロッセリーニ氏と、イザベラの母であり、中性的な魅力を持つ女優イングリッド・バーグマン氏の2人の写真。時代に逆らったストリートスタイルの主人公である2人の女性のあり方は、CO|TEのデザイナーのクリエイティビティとヴィジョンを刺激し、想像力を駆り立てたてた。コレクションは2人の女優が実現したスタイルをミックス。自信を持つ女性像を描くことで、必然的にミリタリーのテイストが表現されている。生地を使った最大のインパクトは、デイリーなファブリックであるデニムと結びつくことにより生まれたもの。それはクリスタルやダメージ加工などの装飾が施されている。レースはコンテンポラリーなタッチで使われ、よりジオメトリカルな生地と合わせると、レースがより着る人の自然なフェミニニティを強調。プリントでさえもマスキュリンとフェミニンの二面性を持ち合わせている。リーフのプリントは、パステルトーンの中でフラワープリントのようなイメージを作りだし、ミリタリープリントはダークグリーンの色の中で男性社会を連想させる効果を持つ。ニットウェアはスポーティーな印象を作り出した。コレクションはコントラストを自然なものに見せ、全体をマイルドでコンテンポラリーな印象を持たせることに成功。ストリートスタイルとクチュールの要素のミックスなど、予期しないコンビネーションがフェミニティを創りだしている。CO|TEは今回のコレクションにおいて、ブランドのアイデンティティに忠実ながらも新しい境地を見出した。

COTE Pre Fall 2016-3COTE Pre Fall 2016-4COTE Pre Fall 2016-5COTE Pre Fall 2016-6COTE Pre Fall 2016-7COTE Pre Fall 2016-8COTE Pre Fall 2016-9COTE Pre Fall 2016-10COTE Pre Fall 2016-11COTE Pre Fall 2016-12COTE Pre Fall 2016-13COTE Pre Fall 2016-14COTE Pre Fall 2016-15COTE Pre Fall 2016-16COTE Pre Fall 2016-17COTE Pre Fall 2016-18COTE Pre Fall 2016-19COTE Pre Fall 2016-20COTE Pre Fall 2016-21