VETEMENTS 2016-17 F/W Collection

VETEMENTS_AW16_LOOK1

「VETEMENTS(ヴェトモン)」の2016-17 F/Wシーズンは、あらゆるディレクション面でパリでのテロ事件に関係する要素が含まれている。テロで犠牲となった人々の多くが若者だったということから、デザイン面でも若者の雰囲気を表現。タイやチョーカーの付いたカトリックのスクールユニフォーム風のウェア、オーバーサイズシャツやミニスカート、ロングソックス等のウェアの他、銃のデザインと共にプリントされたスローガンなどもそれらと関連付けたデザインである。シルエットでは極端に狭いショルダーラインや対照的な大きなショルダーラインでブランドらしさのある新たなシルエットを生み出した。ゲイバーや中華料理店を選んでショーを行っていたこれまで同様に”現在のリアルなパリ”が表現された。今シーズン初めての発表となったメンズコレクションは世界30店舗限定で販売され、日本国内ではADDITION ADELAIDEのみで展開される。

VETEMENTS_AW16_LOOK2VETEMENTS_AW16_LOOK3VETEMENTS_AW16_LOOK4VETEMENTS_AW16_LOOK5VETEMENTS_AW16_LOOK6VETEMENTS_AW16_LOOK7VETEMENTS_AW16_LOOK8VETEMENTS_AW16_LOOK9VETEMENTS_AW16_LOOK10VETEMENTS_AW16_LOOK11VETEMENTS_AW16_LOOK12