GIVENCHY 2021 FALL WOMEN’S & MEN'S COLLECTION メゾンの伝統とストリートスタイルを融合させたシルエットのバランスに挑戦

GIVENCHY(ジバンシィ)2021フォールコレクション。マシュー・M・ウィリアムズは、ジバンシィでの自身のデビューコレクションで披露した数々の要素に磨きをかけ、大胆さと繊細さのコントラストが際立つコレクションを発表。伝統の重視と破壊的な感覚が共生する今シーズンは、メンズ、ウィメンズともにテーラリング、ニットウェア、レザーといったトラディショナルな分野にフォーカスしつつ、それらに関連する様式や技術に新しい試みを取り入れた。徹底した単色のカラーパレットは、クラシックなブラック、ホワイト、シルバーグレーが、オリーブやビビッドなレッド、またはピンクとコントラストを成し、挑発的とも言えるニュアンスを醸し出す。フォーマルとカジュアル、クラシックとラディカルが共生するこれらのルックに見られる、素材と手法の贅沢さこそが重要。そして再び研究の対象となるのは衣服の「原型」で、メゾンの伝統とストリートスタイルを融合させたシルエットのバランスに挑戦。こうした試みはMA1やスタジャン、イブニング用ボレロなど、繰り返し登場するクロップドデザインに特に顕著に見られる。また、象徴的なスカルプチュラルジャージーにはスタッズを配し、文字通り鋭いアクセントを効かせる。装飾のキーとなるのは、ウィリアムズが両ジェンダーで主要なテーマとして掲げているハードウェア。今シーズンはスタッズをメインに使用。さらに、新作の4Gエンブレムバッグは、ハードウェアへのタフでデコラティブなアプローチが新鮮。構築的なジバンシィモノグラムは、メゾンを支える伝統的かつ精巧な技術の粋を集めたギピュールレースや、その他象徴的なアイテムの数々において表現されている。メンズ、ウィメンズで部分的かつ幅広く使用されるシルクが「第二の肌」という概念を表現する一方、特にテーラリングで顕著な「構築的であること」と「快適さ」を兼ね備えた柔軟な感性がコレクション全体に広がる。こうした傾向は、心地良さと構築的なスタイル、そしてカジュアルな奔放さがそれぞれの魅力を放つレザーアイテムにも見られる。また、パテントレザーのロングブーツをはじめとするレザーフットウェアが、かつてより完全な形でルック全体のシルエットに溶け込む。フットウェアにおいても、ソールの設計にTPU(ゴムとプラスチックの長所を併せ持つ 熱可塑性ポリウレタン)技術を採用するなど、快適さを重視。さらに、極めて快適なソールの『マシュマロ』スライドサンダルが、新しくナチュラルで、よりフォーマルな素材ミックスで再登場する。ビジュアル制作でウィリアムズは今回も写真家ヘジ・シン(Heji Shin)と協業し、ジバンシィの民主的で包括的なビジョンを打ち出す。そこで焦点を当てるのは「服に着られる人」ではなく「服を着る人」。ジバンシィの女性像、男性像は一人ではない。そうした一人一人が比類ない個性とファッションスタイルのセンスをジバンシィにもたらすのだ。