YOKE 2021 SPRING/SUMMER COLLECTION「Giorgio Morandi」イタリアの画家 ジョルジョ・モランディの静物作品の色味に惹かれた淡いニュアンスカラーをメインにしたコレクション

YOKE(ヨーク)2021春夏コレクションのテーマは「Giorgio Morandi」。今シーズンは、静物や風景をひたすら描き続けたイタリアの画家Giorgio Morandi(ジョルジョ・モランディ)の静物作品の色味に惹かれ、淡いニュアンスカラーをメインにしたコレクションとなっている。生まれ故郷のボローニャに住み続け、生涯を独身のまま静かに送った”孤高の画家”ジョルジョ・モランディ。同じ場所で同じものを描き続けるというスタイルで、作品はそのほとんどが”静物”。水平の机の真ん中にいくつかの花瓶などを密着して置く極めてシンプルな画面構成と、色相を減らし、トーンを抑えた色彩、淡い影の平板な描写。モランディの静物画は、単なる静物を超え、”静謐”や”安らぎ”を感じさせてくれる。今回は、若手の有田焼作家で人間国宝の井上萬二氏の孫の井上祐希氏に依頼をし、モランディを一イメージで4種類の有田焼の陶器(ボトル/一輪挿し/ボウル/バングル)も作成。お家時間が多くなる中で、ご自宅でも楽しんでもらいたいという思いから井上氏と共作した作品も展開される。