JIL SANDER 2021 SPRING/SUMMER COLLECTION 端正さ、前向きさ、輝き。より繊細なニュアンスを取り入れた、機転の利く便利なワードローブをデザイン

JIL SANDER(ジルサンダー)2021年春夏ウィメンズコレクション。端正さ、前向きさ、輝き。今シーズン、ルーシー&ルーク・メイヤーは、より繊細なニュアンスを取り入れた、機転の利く便利なワードローブをデザイン。彼らの提案は、テーラリング、クラフツマンシップ、細分にまで至るこだわりを通して忍耐と時間、永続的なものの価値観を語っている。すべてが極めてフェミニン。ジャケット、チュニック、トラウザー、シャツには、コットン、リサイクルポリエステル、シルクなどの素材を使用し、刺繍でアウトラインを表現した透け感のあるレイヤーは、エアリーで削ぎ落とされたシルエットを描き出す。イブニングには柔らかなボリューム感を、デイタイムには身体に沿ったシルエットを。すべての素材を重ね合わせて使用していることからもわかるように、テクスチャーに富んだ表面、立体感と滑らかさ。リラックス感のあるスーツの仕立。グレーのマスキュリンなツイードでカットするとよりグラフィックに、しなやかなブラックウールでカットするとよりソフトな印象となる。無駄が削ぎ落されたシャープなレザーのクリームイエローのトレンチコートには、手織りのトンスルトン ロープベルトとソフトなポケットバッグが付いており、メタルのジッパーやボタンなどの重厚なディテールが、ジャケットやシャツの繊細さとのバランスを取っている。トラウザーは長めでボリューム感があり、スカートはAラインの膝下丈、コレクションのシルエットに軽やかさをプラス。卓越したクラフトマンシップを示すプリセソレイユのドレスシリーズや、淡いイエローやホワイトの清純でパリッとしたアンクル丈のコートなど、円錐形のボリューム感のあるデザインには、全体的な安らぎが感じられる。ルーシー&ルーク・メイヤーが率いるジル サンダーでは、手仕事、つまり手づくりの要素があることが常に重要視されている。かぎ針編み、プリーツ、スモッキング、刺繍などは衣服として構成されたり、細部に施されることもある。クリームとブラックのレザードレスは、レザーを幾何学的なパターンで編んで作られており、レザーやサステイナブルなフェザーを使ったショルダーベルトやスカーフは、エモーショナルで機能的な側面を加えている。今シーズンのジャージーとコットンのシャツドレスのシンプルなカッティングは、作りこまれた襟や大きなくるみボタン、サイドのフォルムでバランスをとっている。ホワイトからブラックまでのカラーパレットは、バター、ペールイエロー、パウダー、クリーム、バーガンディ、ココア、ディープブルーなどのナチュラルな色合いが豊富。アクセントにゴールド、輝きのあるイエロー、レッド、コッパーが配されている。シルエットをしっかりと地面に繋ぐのは、フィット感のあるニーハイブーツに変身したスクエアトゥのマスキュリンなモカシン。また、軽量のポインテッドサンダルは、足首まで簡単にベルクロで留められるようになっており、足を軽やかに地面におろす。バッグはソフトで遊び心のあるものが多く、ぷにぷにしていたり、ねじれていたり、カラフルだったり。もしくはメタルビーズのストラップがあしらわれた幾何学的であまりマチのないデザイン。今の時代は疑問の声で溢れかえっていますが、美しさと質の高さが重要であることに変わりはない。意識すること、感謝の心をもつこと、そして前向きな視野を持つことが、私たちが前に進むための助けとなる。本コレクションはこれらの価値観を称えるもの。