Acne Studios 2021 Spring Summer Women's Collection 光によって多様に表情を変える素材に焦点を当て、日没には平坦だったものが月光によって輝き出す

Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)2021年春夏コレクションのテーマとなったのは、自己解放、自己変化、自己再生。黄昏、月の出、日の出、そして満月…。光に引き寄せられるように人々が集い始める…。昼から夜へと続く絶え間ない時間の流れをぼやかす。明るさと暗さを衝突させたり、対比させたりしながら、万能で心地よい服を作成。クラックドレザー、パールコットン、メタリックオーガンザ、玉虫色のペーパーなど、今シーズンは、光によって多様に表情を変える素材に焦点を当て、日没には平坦だったものが、月光によって輝き出す。今シーズンのコレクションでは、自身の超自然的体験から作品制作を行っているロサンゼルス在住のアーティストBen Quinn(ベン・クイン)とコラボレート。あたかも生物のように星が描かれたペインティング作品は、オーバーサイズのメタリックオーガンザのチュニック、ウォッシュドリネンのトップとラップスカート、そしてコットンボイルのトップとスパンコールのトップに、プリントとして散りばめられており、ドレスやスカートにはパッチワークして使われている。様々な厚さ、織り、手触りのファブリックを重ね着することで、ポエティックなシルエットが誕生。クロシェ編みのフィッシュネットは、バンドゥトップ、パンティー、スカートの上に、また、半透明素材や切りっぱなしレザーのスリーヴレスドレスの下に、レイヤードの要素として合わせている。ライニングから作られた、芯無しのゆったりとしたテーラードジャケットは驚くようにソフト。それとコントラストを成すように、ハードな切りっぱなしレザーとスエードがコレクションを通して使用された。コレクションを彩るのは、光によって多様に表情を変える素材。 パールオーガンザを使用したワイドでルーズなトレンチコートは、更にディップダイ。エプロンには、切りっぱなしのクラックドレザー。シフトドレスには、皺加工を施した玉虫色のペーパー。カフやイヤリングは、まるで手仕事で貝殻や石に金属加工を加えたよう。月光から目を守るように、サングラスは顔全体を覆うビックサイズで。重量感あるレザーのショルダーバッグには、極太ストラップ。同サイズのファブリックのダッフルバッグには、製品染めが施されている。タイトにブレイディングしたレザーのストラップサンダルと、ルーズに麻を切りっぱなしたキトゥンヒールは対照的。極細のスパイクヒールは、スタイリングに独特のアティテュードをもたらしている。あらゆる決まり事から自己を解放し、自由な時間の流れを楽しむ、そんな風景をコレクションを通して想像した。アクネ ストゥディオズ、クリエイティヴ・ディレクターJonny Johansson(ジョニー・ヨハンソン)は、「時代の大きな変化を感じる時、可能性で溢れる新しい時代への期待で、私の胸は高まります。今シーズンは、例えば、楽観的な精神と光で満たされた明るい環境とによって、どのように日々の暮らしを向上させられるか、コレクションを通して考えました。」と話している。