JW ANDERSON 2021 SPRING/SUMMER WOMEN’S COLLECTION 軽やかで美しく飾られた、詩的、さらには逃避主義的、自由主義的なファッションを表現

JW ANDERSON(JW アンダーソン)2021年春夏ウィメンズコレクション。軽やかで美しく飾られた、詩的、さらには逃避主義的、そして自由主義的なファッションを表現している。軽やかさの”爆発”は、比喩表現であると同時に実際にアイテムに落とし込まれている要素で、JW Andersonのシグネチャーでもある、落ち着いた佇まいとエレガンスのクラシックな調和の中で表現されている。コレクションは、途切れのないシャープさと卓越したテーラリングの正確さ、気だるく落ちたドレープと渦巻状のアシンメトリーとの間で動き、スイングし、なびき、様々な美意識の寄せ集めが突如調和の取れた全体像を生み出す。登場する女性は、耳からぶら下がる巨大なおもちゃのイヤリングのコレクター。きちんとしている様と流動的な様、ソリッドな様子と美しい装飾、甘美とドライといった要素が絶え間なくせめぎ合い、時に結びつく。ダブルブレストのミリタリーコートは、過剰なポケットで飾られている。このようなコントロールされた過剰を表現したデザインは、ベルトコートの巨大なポインテッドカラーや、欠点のないように見えるタキシードジャケットの突き出たペプラム、ダブルブレストのピーコートやブレザーのデフォルメされたセーラーカラーにも落とし込まれている。クロップドのパンツには、不釣り合いのカーゴポケットを装飾。装飾は華やかさを極める。ロングサテントップスの刺繍や、カラフルなジャカード、石の飾りは欠かせない要素で、ギャザーシャツやチュニック、ピアスのような飾りのついたトップやウエストバンドでは、ボリュームを抑えたり、解放する要素が見られる。アシンメトリー、結び目、ギャザーは、まっすぐなラインと、丸いラインの調和の中で、ボリュームを一層目立つものに。ハンカチのようなヘムとゆらめくパネルは、未完成な様子と絶え間ない動きを表現。装飾と軽やかさの追求は、マットとシャイニー、フラワージャカード、プリーツのかけあわせといった様々な素材の組み合わせによって、生地やテクスチャーに焦点を当てている。統制と解放のバランス、華やかな表現の中の必要不可欠なエレメント、着飾ることが成し得る表現が全体としてのキーワード。本コレクションは、メンズとプレコレクションの発表時に初めて行った”show in a box”の形式を踏襲し、拡大する形で発表された。今回の”show in a box”は、新聞紙に包まれ、ネジで様々な種類の紙を綴じた本の形式で、C-タイプの用紙と鮮やかな色の紙、バインダーで構成。それぞれ異なるフォーマットに落とし込まれた写真上にコレクションが表現されている。Oscar Wilde(オスカー・ワイルド)のクオート「The secret of life is in art.」がコレクションの幕を開ける。真鍮のコインは即興性を表現し、”show in a box”をある種の経験へと導く。コインを使い留め具を緩めることで、1冊の本が分解。切り取り線は切り離すために、折り目は開くためのもの。このアート作品に触れ、自らの手で作品と対話することで、受け手はこの1冊の本を使い、1つのインスタレーションを生み出すことができる。反復、シャッフル、レイヤー、そしてそれを床に並べたり、壁に飾ることで各々のインスタレーションとなる。そのパーソナルな展示を終えると、新しい順番でまとめられ、本の形に戻ることとなる。この”show in a box”は不可能なことを触れるよりも、今この時点だけが可能な、新しい結びつきと新しい興奮を生み出している。