Max Mara 2021 Spring/Summer Collection「Lones Mican」ルネッサンス時代を駆け抜けた不屈のヒロインのように、あらゆる分野で世界を再構築 #MaxMaraSS21

© PIER NICOLA BRUNO

Max Mara(マックスマーラ)2021年春夏コレクション「Lones Mican」。復活、再生、再構築。ルネッサンス時代を駆け抜けた不屈のヒロインのように、あらゆる分野で、マックスマーラの女性たちは世界を再構築しようとしている-より良い世界を目指して。そんな仕事に取りかかる時、どんな服を着たら良いだろうか?今シーズン、マックスマーラはそんな問いかけに答えてくれる。2013年から2015年のマックスマーラ・アート・プライズ・フォー・ウィメンを受賞したCorin Sworn(コリン・スウォーン)。マルチメディアを駆使した彼女のインスタレーション「Silent Sticks(サイレントスティック)」は、ルネッサンス期にイタリアで生まれた演劇「コメディア・デラルテ」に着想を得たもので、アイデンティティ、性の両面性、陰謀、悲劇、喜劇、欲望、魔法といったテーマが繰り返し語られる。「paggetto(パジェット:臣下)」の装束を徹底的に現代風にアレンジしたスウォーンのコスチュームは、グラフィカルでシンプルな美しさを感じさせる。マックスマーラのコンセプトは、そんな彼女の美学に呼応している。実用的なポケット、スナップ留め、ドローストリングをあしらったストリートスマートなパーカーに出会った伝令官の官服「タバード」。コントラストをきかせた縁飾りや部分的に配置されたパッチワークには複雑な柄のダマスク織があしらわれ、マントヴァのドゥカーレ宮殿の金細工を思わせる。絵画のようなカラーパレットは、オーク、アンブラ、シエナ、ランプブラック、ホワイトに微妙なぼかしをブレンドしたもので、ウンブリア派のフレスコ画のパステルのよう。キリっとしたショート丈、あるいはボリューム感のあるロング丈。新たなルネッサンスは、新しいシルエットを生み出し、切り込みを入れた袖はケープのように垂らして、肘からゆったりとブラウジングさせる。たっぷりとギャザーを寄せたネックラインは、16世紀の肖像画のように、大きく開けたり、肩に対してまっすぐなラインであしらったり。マックスマーラは、新たなる再生の時代に設立された。戦後のファッションブームの中で、イタリアは職人技と優れたデザイン性でクラシックを新たな視点で作り直し、その主役となったのがマックスマーラ。いつの時代も、テーマは「bella figura(美しい姿)」、つまり最高の自分を見せて、最高の自分になること。この信条がこれほど、時代に呼応したことはかつてなかっただろう。世界の再構築に取り組む女性たち。さあ、どんな服を身にまといますか?とろけるほどやわらかいカシミアの ダスターコート、職人技で仕立てられたテイラードスーツ、細部までこだわり抜いたトレンチコート、素朴なポプリンのシャツに完璧なプリーツのパンツ、たっぷりサイズのイッポリタバッグ、オーバーサイズのサングラス。マックスマーラの現代の錬金術は、ラグジュアリーでありながら、確固とした目的を持ち、女性たちが抱える重荷を軽くしてくれる。