COACH Spring 2021 Collection「Coach Forever」ユルゲン・テラーとのコラボレーションによる過去・現在・未来のデザインを融合させたコレクションをコーチ ファミリーとともに #CoachForever

COACH(コーチ)は、フォトグラファーのユルゲン・テラー(Juergen Teller)とのコラボレーションによるバーチャルプレゼンテーションで、過去・現在・未来のデザインを融合させた2021年スプリングコレクション「Coach Forever」を発表。かつてない時代に誕生したCoach Foreverは、新作、ヴィンテージ、アーカイブのコーチのデザインを通して、ものづくり、コミュニティ、地球環境への責任に対するオプティミズム(前向きな姿勢)にスポットライトを当て、Fall 2020のキーピースを再解釈したアイテムもフィーチャー。今最も重要なことは何かという想いを投影した、責任、リニューアル、削減についてのステートメント。コーチのクリエイティブ・ディレクターを務めるスチュアート・ヴィヴァースの実践的なオプティミズムというビジョンにインスパイアされた本コレクションは、ランウェイを超えて、身につけられ、手入れされ、パーソナライズされ、受け継がれていくコーチ バッグのストーリーを物語る。コーチのクラフトマンシップの伝統に根付いたコレクションは、より丁寧に作られたものを特徴とする、より想いが込められた未来のビジョンを提案。ヴィヴァースは、「Coach Foreverで私は新しい方法を見つけたいと思っていました。私にとっては、どのようにしてコレクションを作るかに挑戦し、コミュニティや地球への影響を考えていくことが重要でした。デザインすることと学ぶことを通してそれを探求し続け、ユルゲンやコーチ ファミリーと一緒にこれを実現できたことをとても嬉しく思っています。」と話している。プレゼンテーションでは、カイア・ガーバー(Kaia Gerber)、ケイト・モス(Kate Moss)、デボラ・ハリー(Debbie Harry)、水原希子、ジェレミー・リン(Jeremy Lin)、ミーガン・ジー・スタリオン(Megan Thee Stallion)、コール・スプラウス(Cole Sprouse)、ジョン・バティステ(Jon Batiste)、パロマ・エルゼッサ(Paloma Elsesser)、ハリ・ネフ(Hari Nef)、ビンクス・ウォルトン(Binx Walton)、レクシー・ボーリング(Lexi Boling)、シャオ・ウェン・ジュ(Xiao Wen Ju)、ケルシー・ルー(Kelsey Lu)、ボブ・ザ・ドラァグクイーン(Bob the Drag Queen)、リッキー・トンプソン(Rickey Thompson)といったグローバルに活躍するコーチ ファミリーのメンバーがキャストとしてコレクションを着用。一堂に会したコーチフレンズが、コミュニティやインクルーシビティ(包括性)の変わることのない重要性についてのストーリーを語っている。世界のさまざまな場所においてリモートで撮影されたCoach Foreverは、3日間に渡りムービーとして公開され、追加のソーシャルコンテンツでサポートされ、テラーのレンズを通してコレクションとキャストをもれなく紹介。このムービープレゼンテーションのために、ヴィヴァースとテラーはシンガー、ソングライターでありプロデューサーでもある:3lONと協力して楽曲を制作し、未発表曲”Yesterday”をデビューさせた。コーチのより環境に責任を持つファッションへの取り組みを強調するため、ベジタブルタンニングとナチュラルダイのレザーで仕上げられた長く使うことのできるバッグと、リサイクル素材だけでつくられたトートバッグも登場。リサイクルペットボトルでできたファブリック、アップサイクルされた端切れを使用したアクセサリーやウェア、デコレーションやエンブロイダリーでパーソナライズされたヴィンテージピースなどもラインナップ。また、コーチのホームタウン、ニューヨークのファッションコミュニティを支える地元クラフトマンによる”A Love Letter to New York”も発表。創造性、オプティミズム、勇気というこの街の色あせることのないスピリットに捧げられたスペシャルなコレクションとなっている。