TOMWOOD S/S 2021 Collection 現代の男女に向け装飾性を排除したテーラードコレクション RTWの新たなヘッドデザイナーMattia Van Severenが"10 by Tom Wood"という新しいコンセプトをスタート

TOMWOOD(トムウッド)2021年春夏コレクション。ブランド創設時の理念であるコンテンポラリークラシックを再構築し、現代の男女に向け、より洗練され、装飾性を排除したテーラードコレクション。クリエイティブディレクターMona Jensen(モナ・ヤンセン)と、今シーズンより新たにヘッドデザイナーに任命されたMattia Van Severen(マティア・ヴァン・セヴェレン)は、よりゆっくりと時間をかけ、より良いアイテムを作りたいという思いから、新しいReady-to-wearのコンセプト「Ten by Tom Wood(テン・バイ・トムウッド)」を生み出した。クラシックなワードローブに遊び心のある機能的なディテールを加え、身にまとう人のスタイリングと創造性を刺激する、メンズとウィメンズそれぞれ10のアイテムで構成されるコンテンポラリーなコレクションとなっている。「Ten by Tom Wood」は、今後ブランドのReady-to-wearコレクションの柱となり、各シーズンの方向性を明確にし、デニムとジャージーもブランドのコアアイテムとして、シーズンごとにキュレートされたワードローブを提案する。北欧の夏のワードローブを彷彿とさせるダイナミックなシルエットと天然素材。ラグジュアリーなイタリアンウール、リネン、コットンポプリンを中心にコレクションを構成。イタリアのファインウール工場から仕入れたデッドストックのスーツ生地を使用することで、自然に生産量を制限し、既存の高品質な生地を活用することで廃棄物を出さず、BCIコットンやGOTS認証のコットンの使用を増やすなど、サステイナブルな未来への取り組みを行っている。柔らかなシルエットとシャープなライン、洗練されたテーラリングとカジュアルなスタイリングのバランスも特徴的。コート、ジャケット、シャツ、ワンピース、パンツ、ショートパンツなどのエレガントなテーラードに、クラシックなデニムやカジュアルなスウェット、フーディー、Tシャツなどのリラックス感のあるアイテムを組み合わせ、ワードローブの定番アイテムを一新したコレクションとなっている。TOMWOOD創業者兼クリエイティブ・ディレクターMona Jensenは、「TOMWOODを始めたのは、コンテンポラリークラシックを創り上げるためでした。そして今、スローダウンをするにはちょうどいいタイミングだと感じていて、やっと何年も前からスケッチブックの中にあった「Ten by Tom Wood」のアイデアを発表します。TOMWOODは意味のあるブランドとして知られるべきであり、私たちの小さくてもキュレーションされたコレクションが、消費を抑え、より良い品質への投資をするように私たちのコミュニティをインスパイアすることを願っています」と、TOMWOOD Ready-to-wearヘッドデザイナーMattia Van Severenは、「私は完璧に作られた製品の工業的・技術的・創造的なデザインプロセスに魅了されています。ラグジュアリーファッションと家具のデザインの両方の経験から、構造が明確で且つ一貫したプロダクトベースのコレクションを作ることに信念を持っています。最高の生地を使いモダンなワードローブを作ることがすべてであり、シルエットを崩さず、カット、プロポーション、機能的なディテールを備えた製品に対し、直接的でインパクトのあるアプローチが鍵を握っていると信じています」と話している。