ROSETTA GETTY SPRING/SUMMER 2021 COLLECTION 一つの場所にとどまることが必要な今の現実の想いを語りかける

ROSETTA GETTY(ロゼッタ・ゲッティ)2021年春夏コレクション。今までに例を見ないシーズン。ロゼッタは、極度の不確実性と不安が取り巻く中でコレクションを創り出すに当たり、アンナ・カヴァンのカルト的なスリップストリーム小説「氷」(1967)の一節が頭の中に思い浮かんだ。突然やってくる氷河期に翻弄されるというディストピア的な世界観を描いた小説の中でアンナが捕らえられた不自然で夢の中にいるような、よじれたような感覚。コレクションは一つの場所にとどまることが必要な今の現実の想いを語りかけている。服を通じた快適さや親しみ、それは結果的にいつもよりもさらに効果的である必要性を感じさせる。どのピースもそれぞれのラインに目的を持ち、そしてリラックスさと永続的なテイストを持つ。クラシックなストライプのコットンポプリンシャツとドローストリングのワイドパンツ、ライトウェイトなスキューバ素材のランタン・ドレス、テイラードウールを使ったケープコート、ジャケットやボタンアップベストなどはシーズンを通してモダンで機能的なレイヤーを作り出している。それでも、ロゼッタは女性にとって夢のように豊かで変容的でもあるルックを提案したいと思い、魅了された19世紀後半のランジェリーやナイトウェアから、特にエレガントなデイ・ナイトガウンやパジャマスタイルのセパレートは空に浮かぶ雲のようなカラーのシルクサテン、レザーとコットンのコンビネーションスリッパのスタイルを提案。加えて今シーズンのプリントは、抽象的なウィンドウペン、散らばったボックス、ポルカドットのパターンを自由な感覚で描いたもの。これらはコレクションを作る中で、自宅のあるロサンゼルスと、デザインスタジオのあるニューヨークの間で行われたオンラインミーティングの中で潜在的な意識から生まれたもの。抽象的なウィンドウペン、散らばったボックス、ポルカドットのパターンを自由な感覚で描いている。ルックブックの中でコレクションはさらにその多様性を増幅。ベルリンを拠点とするフォトグラファーであるロブ・クリセクによってニューヨークのロゼッタの自宅にて撮影された。静的で完璧なまでに澄んだイメージの一方で、ボヤけたり、重ね合わせたりすることで、今本当にそこに存在しているのか、そうではなく全く別の場所に存在するのか、と言うイメージが表現されている。

■ROSETTA GETTY

https://www.rosettagetty.com/