See By Chloé 2021 Spring Collection 芸術を愛するシーバイクロエガールがパリを超え、フランス南部地方アルルの通りへ

See By Chloé(シーバイクロエ)2021年スプリングコレクション「アルルの週末」。芸術を愛するシーバイクロエガールは、パリを越え、フランス南部地方のアルルの通りを歩き回る。彼女は、ネイビーのピーコートとワイドパンツという定番のシティルックに、フェミニンなプリントドレスを身に纏い、ギャラリーのオープニングに向かう。彼女は、お気に入りのクラシックカラーのプレッピーなクレープ素材のワードローブを着て、歴史的地区と現代美術のエキシビションを行き来する日々を過ごす。春の暖かな太陽がアルルの曲がりくねった通りを照らす中、彼女はマーケットを散策。白いリネンからインスピレーションを得たり、アートスタジオを訪れれば、セージグリーンやピーチ、バーガンディ、サンドといったカラーコンビネーションに心が惹かれたりしながら、ゆったりとした時間が流れている。彼女のワードローブには、格子のディテールが特徴的なデニム、イギリス刺繍がアクセントになったポプリン、デイタイムにも夜のお出かけにも大活躍のマイクロプリントのミディドレスといったアイテムが詰まっており、彼女の足元のヒールローファーは、オーバーサイズのチェーンで飾られ、紛れもないパリジャンのエッジを感じさせる。様々なカルチャーに触れる毎日を過ごしながら、彼女は、ロマンティックなモスリン素材のドレスや、プレイフルなパイナップルをモチーフとしたウォッシュドプリントを纏ったり、パリっとしたシティショーツをリブ編みのポロニットと合わせたりして、ワードローブを楽しんでいる。さわやかな白のカラーパレットを引き立たせるように、軽やかなTシャツや繊細なレースニットを、あえて機能的なギャバジン素材やデニム素材と組み合わせることで、彼女のさりげない女性らしさが際立つ。ゴールデンアワーには、カフェのテラスで、刺繍が施された、日焼けしたような淡いブルーのリネンドレスにソフトなプラットフォームサンダルを合わせ、それはまさに、エフォートレスなイブニングタイムにぴったりのスタイル。新作のアクセサリーからは、シーバイクロエガ ールのマストハブアイテムとして、新作バケットバッグ「Cecilya」と新作サテンクラッチバッグ「TILLY」が登場。「Cecilya」は、携帯電話に最適なミニサイズから本やお土産を入れることができるラージ サイズまで、3サイズで展開される。また、ユーモア溢れるパイナップルのミニキーリングは、プロヴァンスで過ごすバカンスのような陽気なムードをもたらしている。

■See By Chloé

www.chloe.com