TOMO KOIZUMI S/S 2021 COLLECTION「花嫁/Flower Bride」日本から世界発信できる最大限の表現、日本ならではの美しさの表現に挑戦

TOMO KOIZUMI(トモコイズミ)2021年春夏コレクションのテーマは「花嫁/Flower Bride」。コレクションの前半は、日本のインポートウェディングドレスショップ”トリート”とのコラボレーションによるウェディングドレスで構成されている。今回のコラボレーションによりトモコイズミは、自身のデザイン性を活かし、ファッションウェディングという領域に縛られない自由な発想のドレスをデザイン。本来であればニューヨークにてショーを開催する予定だったが、現在の危機的状況により断念せざるを得なかった。その代わり、日本から世界へ発信できる最大限の表現、日本ならではの美しさの表現に挑戦した。後半は、トモコイズミのオリジナルライン。ウェディングドレスのコラボレーションからリサーチを深め、日本の婚礼衣装からインスピレーションを得ている。色打掛の華やかな色柄、”花嫁”というワードから得られたフレッシュな花のイメージと色、有機的なモチーフを取り入れたミニドレスコレクション。新たにオーガンジー以外の素材(サテンやキュプラ)を使用し、プリント素材にも挑戦し、すべてデッドストック生地を使用している。未だ既製服を販売する予定はないが、エミリオプッチとのコラボレーションをはじめとするスペシャルプロジェクトをこれからも予定している。

■TOMO KOIZUMI

www.tomo-koizumi.com