JIL SANDER MEN'S 2021 S/S COLLECTION 幾何学性と感性、シャープさと軽やかさが共存

JIL SANDER(ジル サンダー)2021年メンズ春夏コレクション。ルーシー&ルーク・メイヤーが描くジル サンダーでは、肌触りは見た目と同じくらい重要。彼らの世界では、幾何学性と感性、シャープさと軽やかさが共存している。それらは互いに、私たちが持つ異なる側面、私たちが経験する様々な状況、個人的なものと公共のもの、人生における様々な局面を映し合う。一対あり、二つであることは、相反するもののバランスを取るというこのプロセスにおいて偶然の賜物ではない。機能性。モダンなテーラリングと実用性の融合は、コレクションのグラフィックな発生地となる。トレンチコートは、シングルブレストまたはダブルブレスト仕様。ジャケットは、引き伸ばしたようにやや長め。大きなフロントポケットが付いたシャツジャケットは、ジャパニーズコットンやウールで仕立てられており、その形は正方形、もしくは長方形で、美しく造り上げられる。隠しボタンはルックの精白さを強調しながら、フーラード地のベルトまたはツールウエストバッグがウエストをほのかに引き立てる。それらの袖は、小さな金属製のループリングを取り外すだけで、半袖に調整でき、取り外し可能な襟は、自然とその循環を示唆する簡潔な文章がプリントされたものもあり、服の見た目や雰囲気を変えることができる。ポプリン素材のクルーネックトップスは、ジャケットの下に着る襟付きシャツに代わるもの。そのネックラインは、コレクション全体のイメージと同様に、クリーン。シンプルなコットンエプロンは、無地または大文字で文章がプリントされていて、機能性を基本的であると同時に補完的な形で提示する。私たちは様々な環境に適応し自由を得る力があり、衣服も同じように活用することができる。コンパクトでエアリー。ニットウェアは重要。柔らかく、実験的で、レイヤードされて、手編みで、非常に洗練されている。加工されていないホワイトのコットン素材が使用されたジャカードとクロシェ編みのインターシャは、セーターに深みを与える。さまざまな密度で編まれたニット、ケーブルニットの上にはボイル地が重ねられて、重ねられた層の編み模様を縁取る様に手刺しの刺繍が施されている。つなぎ目は繊細で、きめ細かく、質感があり、手触りが感じられるもの。シャープで鮮明な色合いは手の込んだニット構造と対照的。シャープとソフトの相互作用を強調するために、パンツはジャパニーズウールできっちりと仕立てられているか、またはパリッとした紙のような感触のコットンで仕立てられ、大きなポケットが付いている。素材と形には軽さがあり、そのリラックスしたたたずまいは、白いコントラストステッチが施されたブラックのビスコース製フード付きジップスルージャケットとパンツ、そしてフードに変形できるフーラードを通しても表現されている。または、ユーティリティジャケットの新しい解釈を通して同様に演出され、四角の形状をもち、滑らかで落ち着いたグリーンのレザーと、補色のブラックのコットンキャンバスを組み合わせて形成される。アイコニックな淡いグリーンのベル型のオーバーコートは、シワ加工が施された「マルティント」コットンでつくられ、シンプルさとは知識とクラフツマンシップによってのみ実現できることを表している。カラーパレットは色相とニュアンス豊か。無数のホワイトの色合いは、淡いグレー、イエロー、ライラック、グリーンへと変化する。ブラックとセージグリーングレーは主にテーラリングに使用され、鮮やかなブルー、レッド、そしてグラスグリーンのアクセントは、ニットやネックラインの周りにあしらわれている。バッグとシューズはコレクションの実用的な側面を織り込むもの。実用的なバッグ。ブラックもしくはサンド色レザーの長方形で細長く厚みの無いハンドバッグ。リサイクルナイロン製の大きめなブラックのショルダーバッグ。リストバンドと一体になったマルチポケットのレザーウォレット。立体的、またはフラットなウエストバッグ。オーバーサイズで糊のきいたキャンバスバッグには、モチーフがプリントされている。四角いレザーのトートバッグは、強い幾何学的な形で存在感たっぷり。レザーまたはキャンバスを使用して、バルカナイズ製法で仕上げられたしっかりした風合いのシューズ。それに、ジッパーまたは紐でしめられ、形がかっちりしたブーツはシルエットを足元でしっかりと支えている。

■JIL SANDER

www.jilsander.com