PLAN C Spring Summer 2021 Collection 母なる自然の美しさとマジックへのオマージュ、季節の移り変わりに伴う世界の変化からインスピレーション

PLAN C(プラン C)2021年春夏コレクションは潔く、より凝縮したアプローチで表現。常にブランドの軸である、シーズンを問わず楽しめるアイテムと、洗練されたデザインに美しく意味を持ったピース作りに加え、よりサステナブルな観点からアプローチしたコレクション構成となっている。コレクションのボリュームをコンパクトにしつつ、より凝縮した魅力的な内容に。長く続いたロックダウン時期を、クリエイティブ・ディレクターのカロリーナ・カスティリオーニはスイスアルプス南東の小さなエリアEngadin(エンガディン)で過ごした。自粛期間中にカロリーナが感じたのは、新たな自然とのコネクション。コレクションは母なる自然の美しさとマジックへのオマージュ。季節の移り変わり、そしてそこに伴う世界の変化からインスピレーションを得ている。コレクションはオフホワイトのグループから始まる。カラーパレットに徐々に鮮やかなカラーが加わり、厳しい冬の後に再び現れる春を象徴的に表現している。差し色のブルー、イエロー、ブライトグリーン、オレンジ、ブラックとピンクが万華鏡の様に春の花々を現し、生き生きとしたコーラルレッドとターコイズが待ち遠しい夏の訪れを感じさせる。アイコニックな定番アイテム-Plan C essentials-は新たな素材とトーンで提案:ディタッチャブルのニット襟がお馴染みのオーバーサイズシャツ、マキシ丈のボリューミーなスカートは新しいカラーコンビネーションで。マニッシュなジャケットとプリーツを施したショーツ、ゆったりとしたドレスはウェストバンドと合わせ、ボンバージャケットと変形シルエットのトレンチもブランドを語るシグネチャーアイテム。Plan Cならではのプレイフルかつアイロニックな感性を、ラグジュアリーとエフォートレスな優雅さに投影したストライプがコレクションに溢れている。ミックスマッチが魅力的なシャツ、ドローストリングの付いたドレスやテーラリング仕立てを軽くアクセントに加えたブレザーなど。様々なシャツ生地を用いたシリーズは、イタリアの格調高きシャツメーカー、Albini(アルビニ)の生地を使用。幾何学的なアクセントと、カロリーナがエンガディン滞在中に自ら撮影した写真をデジタルプリントした目を引くアプローチと並ぶ。山の景色や日差しで雪が解けていく様子のクローズアップ。これらがマルチカラーのパターンを作り出し、コットンシャツの袖やプリーツスカート、コーティング加工のキャンバスト―トバッグに使われている。生き生きとし、躍動感に溢れるコレクションの気分をさらに高める様に、山の花々やペーパーフラワーがシンプルなアウターウェア―やバックにリボンを付けた定番のマキシドレスに溢れる。ユーティリティーなタッチが感じられる、製品染が施されたドリルコットンのパンツやドレス、チェックのガーゼ素材のトラックジャケットやショーツは、新たに取り入れた加工とマテリアル。ニットウェアでは、ジャガード織のベストやポロシャツがブライトなトーンと幾何学模様でレトロな雰囲気を、ステッチとパイピングでコントラストを加えたレザーピースはラグジュアリーさを醸し出している。今シーズンのアクセサリーはボリュームを絞った拘りのセレクション。チャンキーソールのカットアウトサンダルやサマースタイルにオーバーサイズの幾何学シェイプソールを組み合わせたサンダルがコーティングで光沢を出したキャンバストートやミニマルでシックなハーフムーン型とスクエア型のレザーバッグと並ぶ。美しい自然に身を委ねる。音、色、形。ありのままの景色。Plan Cは初のミラノデジタルファッションウィークにて2021年春夏コレクション制作の裏側、インスピレーションをショートムービー”Everyone is a landscape,-みんな景色”を発表。ショートフィルムはロックダウン期間中にPlan Cクリエイティブ・ディレクターであるカロリーナ・カスティリオーニが家族と過ごした、スイスアルプスのエンガディン地方にて、Luca De Santisによって撮影された。Google Street Viewのヴィジュアルからインスパイアされたショートフィルムは360°VIEW(全方位カメラ)を用いて自粛中にカロリーナが日々過ごした場所をマップの様に表現している。イメージと音を通し、今まで以上にカロリーナのパーソナルなヴィジョンが投影されたコレクションが生れるまでの過程を追う。彼女がスイスの自然を撮影した写真は、マルチカラーパターンとなりコレクションのラインナップに登場。カロリーナのアイデンティティーとパーソナリティーが色濃く投影された2021年春夏コレクションとなっている。