LOUIS VUITTON SPRING SUMMER 2021 MENS PRE-COLLECTION ニュアンスのチャネルを介して多様性・団結・包括的な要素を伝達する役割を果たす

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)2021年春夏メンズ・プレコレクション。ニュアンス:平静、スタイル、優雅さを通じてヴァージル・アブローが解釈する人道的な価値観を伝える言葉。皮肉のようなニュアンスは解釈し難いことも。ルイ・ヴィトン メンズ・アーティスティック ディレクター ヴァージル・アブローとして、新たな章の幕開けの準備が完了。時代を反映した流行が姿を現している今、当たり前のことを再評価し、その価値を見直す。2021春夏プレコレクションにおいて、メンズ・ウェアにおけるプレコレクションの在り方を再解釈し表現。ルイ・ヴィトンのためにデザインされた服やアクセサリーは、ニュアンスのチャネルを介して多様性、団結、包括的な要素を伝達する役割を果たしている。ヴァージル・アブローは、生まれ育ったコミュニティの視覚的言語を通してラグジュアリーを語る。それらは、包括性を表すシンボルに精鋭なコードを再度割り当てることによって実現。流行を超越したタイムレスなコレクションにより、従来の価値観に囚われない定番的なワードローブが生まれる。ヴァージル・アブローが提案するのは、意識的にも物質的にも持続するようにデザインされた流行。それぞれのスタイルが主役となる期間は、時間の経過によって定義される。流行を判断する上で、前進するにはまず過去を振り返る必要がある。ここで再評価のための手段となるのが、プレコレクション。メゾンの意図を幅広い層の心に響くものにするにはどうすべきか。これこそが2021春夏プレコレクションの出発点。本コレクションは、日々のワードローブに求められる天候を意識した要素にフォーカスし、寒い時期に発売されることを踏まえ、真冬を彷彿させるダークカラーのパレットを提案。モノグラム・フラワーを基にしたタイムレスなデザインが、赤いシアリングジャケットに刺繍されたり、グリーンのジレにキルティングされたり、またはダブルフェイスコートのライニングに用いられたりと、コレクション全体を通して登場する。そしてカモフラージュを彷彿させるモノグラム・リーフがジャカード織のトラウザーやデニムトラウザー、ウインドブレーカーに描かれている。丸みのあるカッティングが施されたトラディショナルなスーツや、ワークウェア、パジャマの古典的なイメージの境界を曖昧にする新たなテーラリングなど、フォーマルの概念が新たに変容している。LVイニシャルが主役のインターシャセーターは、耐久性のあるケーブルニットにオマージュを捧げたもの。Tシャツには、ニットの編み方が書かれたプリントが施されている。冬から夏への移ろいを反映するかのようにモノグラム・モチーフから滲み出る軽やかさ。マルチパステル・クレヨンで描かれたモノグラム・モチーフは、メゾン本社にあるヴァージル・アブローのオフィスに置かれたデスクトップのデボス加工されたLVイニシャルからインスパイアされたデザイン。レインハットやベレー帽は、象徴と所属意識の自由の扉を開き、コレクションの本質に浸透するストーリーとなる。本コレクションでは、半透明の衝撃吸収ソールを備えた新作スニーカーが登場。スエードとメッシュでアップデートした「LV ランナー」に加え、冬仕様の堅牢なダービーやチェルシーブーツも展開される。キャンバス素材の「キーポル」や小ぶりのバッグには、2020秋冬コレクションのパステルプリントから着想を得た、モノグラム・パステルをデザイン。「トランク・メッセンジャー」や「ディスカバリー・バックパック」、「ディスカバリー・バムバッグ」には、同デザインのブラックバージョンを採用。さらに、さまざまなデザインで登場するデニムのバッグには、モノグラム・モチーフとタペストリー・パターンが融合。クラシカルなトリヨングレインレザーも新たな解釈でアップデートされている。マクロサイズの「モノグラム」を配したブループリントが、ブラックのフライトケース、「アルマンド・バックパック」、「カバ・ヴォワヤージュ」、「ディスカバリー・バムバッグ」を彩っている。

Photographer:Jalan and Jibril Durimel
Models:Sekhou Drame, Elyas Poliat, Theo @Unit

 

■LOUIS VUITTON

www.louisvuitton.com