JIL SANDER 2021 RESORT COLLECTION 強さと繊細さ、マスキュリンとフェミニンの間に生まれる、あらゆる相反性をまとめたコレクション

JIL SANDER(ジル サンダー)2021年リゾートコレクション。実用性と親密さ。ジル サンダーの倫理と美学に貫かれる理念をさらに発展させて、ルーシー&ルーク・メイヤーは異なる要素が描く新たな表現を生み出した。出発点となったのは、ユニフォームの持つシャープさと、ふたりの代名詞と言っていいドレスの軽やかさ。強さと繊細さ、マスキュリンとフェミニンの間に生まれる、あらゆる相反性をまとめたコレクション。ルーシー&ルーク・メイヤーが志す、長く着られ、使うほどに価値が高まるというデザイン理念に従い、構造はシンプルで丈夫。天然素材は必須で、洗練されたジャパニーズウールやイタリアンウール、カシミア、コットン、リネン、シルクが主に登場。それらは多種多様な生地の密度、加工、重量で提案され、それぞれが異なる感情を暗示しながら、様々な身体の動き、空間の作り方、在り方を連想させる。ホワイトとブラックの色合いはコレクションにあるグラフィカルな側面を強調し、ブルーとグレー、そしてイエロー、オレンジ、ブラウンというナチュラルな色調で味付けされる。クラフツマンシップ。バランスは、仕立て、ディティール、素材、そして身体が生み出す相互作用に宿る。ピュアなジャパニーズドライウールを用いたミリタリージャケットはウエストが絞られ、大きくボリュームのある袖、透け感のあるクロシェ編み、滑らかな黒いケープとボンバージャケットの柔らかなパティングによって調和される。ウールジャガードのロングスカートと白いドレスに使われた織目加工と刺繍が施されたニットは、ルーシー&ルーク・メイヤーとアーチザンが共同制作した様子を物語る。ハンドステッチにより繰り返しつくられる縫い目は生地に表情を与え、それは非常に機能的であると同時に美しく装飾的に衣服を構築する方法。シルエットの振れ幅の中には、シャープなスーツに精密で鋭角な印象のジップアップシャツとパンツ、テーパードダブルブレストジャケット、スモッキング刺繍にマイクロプリーツが施された柔らかくふんわりとしたドレスが含まれる。コーティングされたリネンを使用したブラウンのフード付きトレンチコートは、グラフィックでありながらゆったりとし、このコレクションの多様で補完的な構造をひとつにまとめている。パンツは、長短問わず、着心地の良い仕上がり。ネイビーのパンツはシャープでアンクル丈、それに対しカーゴパンツは柔らかく、丈は長めとなっている。Aラインのコートにレインコート、そしてドレスは付属のベルトで形整えられ、そのフォルムは強くありながらフェミニン。今シーズン、ペルクロストラップで締められた頑丈なブラックのサンダルとアンクルブーツは、シルエットを足元でしっかりと支えている。大きなショルダーバッグの幾何学的な形状とボリュームは機能的であり、存在感を示している。バッグを染める赤色は、オールブラックやホワイトのルックにアクセントをもたらし、ジル サンダーのシグネチャーアイテムである、スエードで裏打ちした本物の貝殻を使用したシェル・ジュエルバッグは、強さと繊細さについてのさらなるステートメント。本コレクション唯一のプリントである、エデンの園を思い起こさせる白黒の絵は、自然へのオマージュ。それは、ルーシー&ルーク・メイヤーが敬意を持って自然との新たな関係性を探求しようとする思いを感じさせるもの。