DAIRIKU 2020 Autumn/Winter Collection「New Hollywood」70年代のアメリカから着想し映画『タクシー・ドライバー』のデ・ニーロが扮する主人公トラヴィスのスタイリングにフォーカス

DAIRIKU(ダイリク)2020年秋冬コレクションのテーマは「New Hollywood」。1976年公開のアメリカ映画『タクシー・ドライバー』から。ニューヨークを舞台に1970年代初頭の当時の社会問題を切り取り、アメリカの若者の世相を表現した作品。DAIRIKU 2020秋冬では、物語の舞台である 70 年代のアメリカから着想し、デ・ニーロが扮する主人公トラヴィスのスタイリングにフォーカスしている。劇中で主人公トラヴィスが着用していたアイコニックなジャケットを彷彿とさせるM65には、彼が通うポルノ映画館をイメージし、背面にはレトロなピンナップガールをプリントし、落ち感の出やすいウール素材にモダナイズ。M65と同素材を使用したカーゴパンツや、メルトンとコーデュロイの2種の生地で表現した男らしさ溢れるロングPコート、刺繍入りのツアージャケット、超ヘビーオンスのワッフルL/S等、ヴィンテージミリタリーにおけるマスターピースの数々が揃う。また今回、ブランドでは初となる本革を使用したコート、ジャケット、パンツが新たにラインナップされ、DAIRIKUのコレクションをより男性的で深味のある骨太なものへと進化させている。1stコレクションから続くフォトグラファー/小見山峻、スタイリスト/渕上寛、ヘア&メイク/長澤隆太郎のチームアップによるLook Bookにも注目。「New Hollywood」は、1970年代初頭、アメリカ国内の反体制派の若者の心情をつづった映画のムーブメント。「New Hollywood」と呼ばれるそのムーブメントでは、当時のアメリカが抱える問題に対し、世相を投影した反体制派の映画の台頭が顕著にみられた。ヒッピームーブメント同様、国民が権力に圧殺される事なく、ありのままにその心情を表したようなリアルな作品が多く、概ね反体制派の人間を主人公とし、その”Slice Of Life”=”人生の一コマ”を切り取って描かれ、物語の幕を閉じるのが一連の作品の特徴といえる。