Y-3 Fall/Winter 2020 COLLECTION ”ストリートこそ新たなスタジアム”という先見的なコンセプトの最新の進化形を披露

Y-3(ワイスリー)2020年秋冬コレクション。アディダスと山本耀司はカルチャーとイデオロギーの交流というレガシーをさらに発展させ、”ストリートこそ新たなスタジアム”というY-3の先見的なコンセプトの最新の進化形を披露。異なる世界の刺激的な出会いの火付け役となる本コレクションは、伝統的なスポーツ競技を象徴するアイコニックな要素と、アーバンスポーツの優雅なスタイルを融合。Y-3 Fall/Winter 2020コレクションはシーズン毎に3つの章に分かれており、スポーツの神髄を完璧に洗練させる一方で、パフォーマンス志向のデザインが持つ美しさを昇華させて、スポーツスタイルの未来像を提示する。「第1章」では、Y-3は伝統的なスポーツユニフォームのデザインとアーバンスポーツ・アクティビティの美意識を組み合わせている。アスリートのサポート/保護機能が必要なアーチェリーというスポーツに着想を得て、目を見張るようなアシメトリックデザインをフィーチャー。またその一方で、反射素材を多用することで都会のナイトランニングに敬意を表している。全体に採用されている人目を引く重要なモチーフが、山本耀司と頻繁にコラボレーションを行っている日本人アーティスト・内田すずめによるグラフィック。内田は都市を念頭において作品を制作し、アナログとデジタルという2つのテクニックを組み合わせて、都市のランドスケープが持つ繊細なオーラを見事に捉えている。本コレクションの「第 1 章」にアクセントを付けるアイテムが、前衛的な美意識で作られた全く新しい「Y-3 SHIKU RUN(シク ラン)」とプラットフォームソールが特徴の「Y-3 HICHO(ヒチョウ)」という、ドラマティックな2種類のフットウエア。「第2章」でも、Y-3は伝統的スポーツ競技の機能的デザインというヘリテージとアーバンスポーツ本来の都会的な雰囲気の融合を追求。バスケットボールの流れるように滑らかな動きとフェンシングの抑制が効いたエレガンスの両方の探求から生まれた「第2章」は、テーラリングの要素が目を引く一連のリラックスしたシルエットをラインナップ。意表を突く異素材ミックス、深みのある落ち着いたカラー、アシメトリックなディテール、隠されたスリーストライプスによるブランド表示を全般に採用したこの章で提案される衣服は、今日のスポーツスタイルの先進的な表現となっている。その一方で、フェンシングに着想を得て山本耀司自身がひねりを加えたグラフィック要素も豊富に取り入れており、ハイライトになるフットウエアが、誇張したヒールのデザインが特徴の全く新しい「Y-3 ORISAN(オリサン)」と進化した「Y-3 FYW S-97 II」という個性的な種類のシルエット。さらに「第2章」では、ウィメンズ専用のカプセルコレクションも登場。エネルギッシュなビジュアルと耐久性がある構造を融合し、スリムで洗練された雰囲気に仕上げたアイテムをラインナップ。都市のBMXカルチャーにインスパイアされた大胆なグラデーションとカラーブロックが特徴のこのカプセルは、タイトにフィットするシェイプの体操ユニフォームの機能性も取り入れている。Y-3はBMXというデザインコードに脚光を当てて、遊び心たっぷりにサイクルショップの広告のようなフォルムでブランドロゴを表現。最後を飾る「第3章」で、Y-3は伝統的なスポーツの昔ながらの実用性と、都市のアウトドア活動の現代的な機能性を組み合わせている。都市探検という世界からの引用を巧みに再解釈して、ビンテージと現代のアウトドア用テキスタイルに機能的なディテールをブレンド。その一方で、伝統的な柔道着から着想を得て、体を保護するようにレイヤーを重ねたロング丈のシルエットをウェアにフィーチャー。そしてY-3ブランドの核心にある理念を誇示するスタックバッジとグラフィックを全般にあしらって仕上げている。「第3章」のハイライトになるのが、アディダス Primeknit(プライムニット)製の取り外し可能なソックが特徴の「Y-3 RUNNER(ランナー) 4D」の最新の進化形と、全く新しい「Y-3 NOTOMA(ノトマ)」ブーツという、2種類のエキサイティングなフットウエア。本コレクションは、7月15日より、Y-3直営店、Y-3.com、Y-3 ZOZOTOWN、他限定されたストアにて最初のコレクションとなる「第1章」を発売。