AKIRANAKA 2020-21 A/W COLLECTION「FRANCIS BACON」絵画の中に表現されていた狂気の中に垣間見られる美しさを洋服のディテールやシルエットに落とし込む

AKIRANAKA(アキラナカ)2020-21年秋冬コレクションは「FRANCIS BACON」。今シーズンは、FRANCIS BACONの絵画に見られる狂気を帯びたエレガンスからインスパイアされたコレクションを制作。デザイナーがパリで見たFRANCIS BACONの絵画の中に表現されていた狂気の中に垣間見られる美しさを洋服のディテールやシルエットに落とし込んだコレクションとなっている。一見相反するものと捉えられがちな”狂気”と”エレガンス”だが、デザインのプロセスを通して私達はここに強い親和性がある事に気づいた。作り込まれたテーラードジャケットを切り裂く事により(Baconは非常に多くの自身の絵画を完成したのちに切り裂いて捨てている)ラグジュアリー感や質感を際立たせたり、ファスナーの歯を抜くと言う行為を通して生まれた新しい装飾であったり、ファーをドット状に使用する事で毛皮の身体へのアプローチを変革させたりと、今までには存在しなかった新しいエレガンスの考察が込められている。また研ぎ澄まされたエレガンスには狂気に似たシャープさが存在する事も感じてもらえるのではないかと思っており、このコレクションを纏う方が全く新しいエレガンスを体感出来るよう願っている。

MATCHESFASHION.COM - JP