LOEWE WOMEN’S FALLL/WINTER 2020 COLLECTION「ファッションと遊ぶことを愉しむ」クラフト(工芸)との新しい関わり方を探し求めながら、シルエットと質感を探求し、オプティミズムと感動のコンセプトを伝える

LOEWE(ロエベ)2020年秋冬コレクションは、「ファッションと遊ぶことを愉しむ」がテーマ。 クラフト(工芸)との新しい関わり方を探し求めながら、シルエットと質感を探求し、ファブリックの豪華さとラインのドラマティックな壮麗さが、オプティミズムと感動のコンセプトを伝える。未来を映し出すために過去を見つめるクリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンは、スペインの図像が示す飾り気のなさと華麗さの両方を活かすことにより、威厳があると同時に、辛辣でもある誇張された形状を考え出している。極端なまでにボリュームがあり、吊り下げられ、落とされ、巧みにつくり上げられたデザイン。さまざまな質感の共存が、粗雑さと光沢、豪華さと実用性、ウールとブロケード、丈夫なコットンとジャカードシルク、しっかりとした表面と大胆なパターンの融合の中で極限化されている。膨らんだ袖。持ち上げられたネックライン。彫刻のような襟。フラットなボディスに泡が噴き出るように流れるドレープ。突然、ヒステリーを起こしたかのようなフェザーで 飾ったヘッドカバー。さらに、桑田卓郎氏の陶芸作品がドレスや「フラメンコ」クラッチの ドローストリングにあしらわれている。堂々とした威厳が独特な丸みと釣り合い、パンプスやスニーカーにはジュエリーで飾ったシューズクリップが付き、「ハンモック」トートにはスエードやカーフが使われている。遊び心は、ドライで、ボーイッシュなエッジにまで押し出され、シュールな背景の中でクチュールの陽気さが歓びをもたらしている。桑田卓郎氏は日本人の陶芸家で、その作品は形状の不安定さ、伝統との曖昧な関係、極めて個性的な色使いが特徴。桑田氏はロンドンで発表されたロエベ ファンデーション クラフト プライズの特別賞受賞者。

MATCHESFASHION.COM - JP