Sportmax 2020 Fall/Winter Collection「A brighter future」アンサンブルは単なる美学を超えたメッセージを伝える #SportmaxFW20

Sportmax(スポーツマックス)2020年秋冬コレクション「A brighter future」。今シーズン、アンサンブルは単なる美学を超えたメッセージを伝える。もうすぐそこまで迫っているハイパーテクノロジーあふれる未来と、より深い自己意識とのつながりの両方に、大胆に立ち向う。こうした2つのシナリオをバランスよく二分した世界観を届ける最新のスポーツマックスコレクション。そこには、対話、出会い、相互発見を歓迎するポジティブな展望もあふれている。秋冬コレクションは、アクセントの観点から見れば、かっちりと構造化された雰囲気と未来的な雰囲気の中間をいくスタイルを提案。女性的な甘いシルエットに、ステレオタイプのないオーセンティックで魅惑的な雰囲気が漂っている。ランウェイの主役はもちろん、ブランドの永遠のシンボルであるアウターウェア。ケープ、コート、ジャケット、レインコートには、型破りなボタンを整然と並べ、ショルダーパッドや取り外し可能な襟など、様々な装飾でアップデート。ジャケットは、ショートスカートや少し裾が広がったハイウエストズボンを惹き立てるコンパクトなボリュームが主流。スラックスやスカートに合わせるのは、デミラッフルやアンテリアプリッセをふんだんにあしらったブラウス。まさに、デリケートな雰囲気と、渦巻く装飾の優雅なマリアージュ。レイヤードのベストとボディスには、ソリッドカラーやシルバーのフェイクレザーをちりばめ、流れるようなシルクとニットのドレスとペアリング。レザーもまた、プリーツインサートとして、あるいはニットとの組み合わせで、トップス、ジャンプスーツ、スカート、パンツで存在感を主張している。コレクションに繰り返し登場するエレメントが、コートとスカートでコーディネートされたアウトフィット。同じ素材を用いることで統一感を出し、タキシードの仕立てをお手本にしたテクニックを、サテンのラペルが印象的なドレス&コートバージョンに採用。どことなく貴族感漂うデニムもまた、クラシックなタキシードへのオマージュ。ドレスは伝統的なテーラリングに遊び心をプラスして仕上げている。アンダーレイヤーのファブリックをあえて見せ、アシンメトリーなシルエットをうまく利用することにより、立体的な三次元効果を実現。繊細で柔らかな構造が、しなやかなシェイプを際立たせている。カラーパレットは、キャメルやカーキなどのニュートラルカラーのブレンド。ネイビーブルーやグレーメランジュなどの深い色合いと並置し、アクセントにホワイト、ピンク、ライトブルーをプラス。圧倒的存在感を誇るフローラルプリントの中に、使い古した家具のファブリックを思わせるスタイルのパターンやジャカードモチーフをちりばめ、コレクション全体に漂うフューチャリスティックなテーマに、どことなく気まぐれな雰囲気を吹き込んでいる。膝を超えて広がるブーツは、まるでスカルプチャのようなヒールで装飾。サンダルはアンクルストラップが印象的で、スニーカーは宇宙飛行士のフットウェアを彷彿とさせる。「スペースエイジ」のコンセプトは、超シノグラフィックなアイウェアによってさらに強調されている。

 

 

 





MATCHESFASHION.COM - JP