Plan C Fall/Winter 2020 Collection さりげなくプレシャスなジェスチャーが表現する繊細なエレガンス。独特の洗練された美意識とエキセントリックなクリエイティビティを探求

Plan C(プラン シー)2020年秋冬コレクション。さりげなくプレシャスなジェスチャーが表現する繊細なエレガンス。引き続きブランドのシグネチャーである、独特の洗練された美意識とエキセントリックなクリエイティビティを探求する。Plan Cクリエイティブ・ディレクターのCarolina Castiglioni(カロリーナ・カスティリオーニ)が持つ彼女独自の表現-ファッションで伝える言葉-は、より一層深い意味を持ち、特別な素材、リッチなカラー、シャープなカッティングは今季の代表的なピース達にエッジの効いたツイストを加え、ミックス&マッチとレイヤードスタイリングによってユニークなルックを造り出す。ボリューム感が強さを表現し、アシンメトリックなカットがプレイフルな贅沢さをプラス。フェミニンとマスキュリンな要素が共存するPlan Cのアーバンユニフォームは毎日の生活に向けて、エフォートレスな洗練さを静かに呼び起こす鎧。-すなわち、いつだってシリアスになりすぎない事が大事なのです。レイヤリングで遊び、ストライプのニットケープはテーラーリングの要素を加えたダブルブレストコートの上に合わせ、プリーツのミニスカートは微かに広がるスリムパンツと。クリーンなラインのアシンメトリックドレスはファブリックとカラーのシックなコンビネーションを見せる。ストライプシャツとスーツはマニッシュなエレガントさを醸し出し、フェミニンなポルカドット、フローラルプリントのプリーツスカートやしなやかに流れるドレスが、バランスを取る。スポーティーで都会的なバイブがカラーブロックのジップカーディガンやキルトパフジャケットから感じられる。コントラストカラーのポケットは、ローブコートの後部に現れ、カロリーナの娘が描いたブランドのシグネチャー”ビアンカ”がラバーパッチで様々なアウターウェアやベルティッドジャケットに登場。ジャケットはラッカードファブリックからミリタリー感漂うフェルトウールなど幅広いマテリアルで揃えている。カロリーナの娘、マルガリータが映画館で3D眼鏡をかけている絵など、ブランドが愛するナイーブなプリントは今季もTシャツ、スウェットシャツ、バッグや仕立ての効いたトレンチコートの後部にも見られる。チャンキーなソールのブーツ、ダービーシューズやメタルバックル付きのグラフィカルなヒールが都会的で洗練された機能性でコレクションをまとめてくれる。アイコニックなコーティッドキャンバスのプリントバッグには新色イエローが加わり、レザーのクロスボディバッグはタイムレスなエレガントさを醸し出す。

 

 

 





MATCHESFASHION.COM - JP