ETRO 2020-21 A/W MEN'S COLLECTION ため息が出るほどロマンティックな紳士の、究極の本質を表現したワードローブ

ETRO(エトロ)2020-21年メンズ秋冬コレクション。先人はガレージの壁を覆うアンティークの絵画の中で高貴なポーズをとり静かに観察をしているだけではない。緑のツタが壁や天井を覆ってゆっくりと成長している間の甘くて苦い思い出と同様に、昔からの伝統、壊れたルールを守る番人。本質的な伝統を掘り起こし、エキゾチックなひねりを加えた。 何も恐れない精神は、アンティークな崇拝のルールで遊ぶ。アイデンティティ、回想、居心地のよさは、記憶と愛の土地アルゼンチンの魅力に深く惹かれる。暖かく心強い声明の断片は、サルトリアの伝統が魅力の発見と冒険の感覚を満たす言語の原型になる。高貴な馬は、ペガサスのように翼のある生き物になるために、アンティーク絵画の静寂を残しながら優雅なシルクのシャツや色あせたカモフラージュパターンのトレンチに現れており、ポンチョの隣にあるクラシックで完璧なピーコートは、古代のブランケットにインスパイアされたジャカードモチーフ。一方、レジメンタルのアウターウェアスタイルは愛と自由を祝う華やかな裏地を隠し持っている。伝統的なペイズリー柄は、色鮮やかで遊び心に満ちた表現によりベルベットコートや不変的なジャカードセーターに装飾的な大胆さをもたらし、コントロールされたパンクな姿勢は洗練された印象を与え、プリントデニムパンツ、マイクロスタッズでトリミングされたスーツ、メタリックな装飾が施されたペイズリーブーツに破壊的なタッチを与えている。プリントのシルクマキシカーディガンと、カーペット調のモチーフで彩られたポンチョ、貴族の紋章をあしらったスリッパを合わせたカラフルなダブルブレストコーデュロイスーツやモヘアのレオパードコートは、魅力的で先祖代々の職人的な雰囲気が漂い、ロマンティックで落ち着いた雰囲気が共鳴する。それは、ため息が出るほどロマンティックな紳士の、究極の本質を表現したワードローブ。

 

 

 

MATCHESFASHION.COM - JP

BEAMS Online Shop