rag & bone Fall/Winter 2020 Collection デザイン、テクノロジー、エンターテインメントを融合した特別な体験をオーディオヴィジュアルによって実現

rag & bone(ラグ & ボーン)2020年秋冬コレクション。デザイン、テクノロジー、エンターテインメントを融合した特別な体験をオーディオヴィジュアルによって実現。rag & boneは予想外のものを生み出すクリエイティブな精神を大切にしており、進化し続けるデジタルの世界でファッションショーを行うことに挑戦した。ニューヨークの街に敬意を表し、今回もロウワ―マンハッタンにある旧証券取引所であるSkylight on Veseyをコレクション発表の場として選択した。Fall/Winter2020コレクションの物語は、テクノロジーと人間の相互作用、デジタルリアリティーを探求することから始まる。LimelightやPanasonicとの革新的なコラボレーションにより、rag & bone独自の世界が広がった。巨大な壁からコレクションをまとったモデルたちが登場し、デジタルアーティスト集団のLimelightとのコラボレーションによって生まれた映像がHDプロジェクターによってスクリーンに映し出された。Limelightはユニークなプロジェクションマッピングと光を使用したアート空間の制作で知られている。人間や都市、自然の景観が3Dマッピングによって映し出されることにより、リアルな空間となりる。フィナーレでは、rag & boneのキャンペーンアーカイブを投影し、アナログなファッションをデジタルへと昇華させた。Fall/Winter 2020コレクションは、アメリカのワークウエアとイギリスのテーラーリング、ミリタリー、スポーツを融合したブランドの真髄が感じられる。rag & boneらしいアップタウンとダウンタウンの要素がミックスされていたり、マスキュリンとフェミニンなシルエットといった対照的な要素が自然に合わさっている。上質な素材にクラシックなプリントが織り交ざり、新鮮な印象をもたらし、ジュエリーのようにフェミニンなスリップドレスやナイフプリーツとは対照的なローブのようなコート、テイラードのレザージャケット、ブレザーも見られる。フェアアイル柄のセーターやケーブルニットは、クラシックなメンズウエアのファブリックを使用したアウターやシャツと一緒に登場。日本製のウールを使用したジャージー素材のセットアップ、エコファーコート、ボンバージャケット、モンゴリアン フェイクシャーリングのリバーシブルパーカーといったさまざまな質感のアイテムがコレクションを進化させる。千鳥格子柄やダークなフラワープリントなどのカラーやパターンも効果的に取り入れている。現実と人間の精神、ファッションが驚くべき融合を果たしたショー会場には、DJ Kris Bonesによるパワフルな音楽が反響。Affirmのサポートによりショーは、ブランドの公式Instagram、YouTube チャンネル、ウエブサイト(rag-bone.com)にて全世界でライブ配信された。

 

 

 

THE OUTNET

MATCHESFASHION.COM - JP