Longchamp 2020 Fall/Winter Collection パリジェンヌの姿にインスピレーションを得て、固定観念にとらわれず様々な顔を併せ持ちながら自身の人生を主役として生きる女性像を描き出す

クリエイティブ・ディレクターのソフィ・ドゥラフォンテーヌにとって4度目となるLongchamp(ロンシャン)2020年秋冬コレクションを発表。ソフィは、新しいものや次にくるものを絶えず求めて前進し続けるパリジェンヌの姿にインスピレーションを得て、固定観念にとらわれず様々な顔を併せ持ちながら自身の人生を主役として生きる女性像を、全40ルックに描き出した。ソフィにとって、コレクション製作の出発点は70年代。70年代とは、自由な精神を象徴した時代であり、カトリーヌ・ドヌーヴ、ロミー・シュナイダー、ステファーヌ・オードランをはじめとする、時代の寵児となった女性たちの手により、自己表現が社会に浸透した時代でもあった。彼女たちが持つ個性的なスタイルは、他のすべての人とは一線を画す独特な視点の表れであり、本コレクションにはそんなパリジェンヌの本質がはっきりと反映されている。パリジェンヌとは、個人主義と表現の自由という自分らしさを纏い、エフォートレスでシック、シネマチック、そして常に自身の人生を主役として生きる女性。 アンサンブルは、いずれも単独で独特のムードを吹き込むことができ、また豊かな色合いと質感で見事なコーディネートを叶えることも可能。シアリングウールの襟が印象的なボンバージャケットは、ミディ丈スカートまたはライトウールに施された刺繍が特徴的な黒のシアードレスを上から包み込む。レザーのバミューダショーツには、模様をあしらったセーター、プリントがにぎやかなブラウス、またはケープを合わせ、しなやかに揺れるロングドレスには、車のパーツを元にした目を奪う幾何学模様の”メカノ”プリントが施されている。すね丈コートは、上半身にしっかりとフィットしながら徐々に広がり、美しいシルエットをつくり出す。レザーのコニャック、スエードのテラコッタ、そしてパテントレザーのレッドは、巧みに繋ぎ合わされて落ち着きを保ちながらも、エネルギーとバイタリティを伝えており、このカラーパレットは、ヨゼフ・アルバースのカラフルな作品と、ジョン・チェンバレンの解体された自動車で作られた彫刻の鮮明な色調を彷彿とさせる。そしてレースカーを連想させるスピードとダイナミズムは、本コレクションのカラーパレットやプリントだけでなく、シルエットのボリュームや構造のなかにもはっきりと捉えることができる。本コレクションの大胆なムードを和らげているのは、しなやかさと女性らしさを吹き込むベルトと、70年代を想起させる柔らかく心地良い雰囲気を纏ったニット。また、シルエットをさらに洗練させコントラストを加えるのは、グリーン、イエロー、シルバーなどの明るいカラーで彩ったニーハイブーツ。つま先革にボールとチェーンがついたディテールが特徴となっており、本コレクションのラインナップにエネルギーを注ぎこんでいる。今シーズンは、再解釈が加えられたロンシャンのアイコニックなバッグコレクションがアクセントをもたらしている。「Le Pliage®(ル プリアージュ®)」は、ナノからオーバーサイズまで様々なサイズ展開で注目を集める一方、シグネチャーの”バンブー”トグルが特徴的な「Roseau(ロゾ)」には、これまでにないアーキテクチュラルなシルエットが与えられた。またソフィは、ロンシャンウーマンが若かりし時代に手にしたタイムレスなヘリテージスタイルであり、ブランド初の”it”バッグである「Longchamp 1980」を復活させた。クロコダイルレザーやパイソンに似せてつくられたエンボス加工のカーフスキンから、”メカノ”プリントをつくり出すコントラストレザーのコンビネーションまで、すべてのアイテムに個性とスタイルが詰め込まれている。

 

 

 





MATCHESFASHION.COM - JP