MAISON KITSUNÉ 2020 A/W COLLECTION 遠い国のカラフルなファンタジーと70’sロックやグランジがスポーツと融合し、それぞれが行き来するジェンダーレスなムードを表現

MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)2020年秋冬コレクション。パリから吹く新しい風。力強く、ミステリアスなエネルギーに満ち溢れている。遠い国のカラフルなファンタジーと、70’sロックや、グランジ がスポーツと融合し、まるで昼から夜へ移り変わる夕暮れ時のように、メンズがウィメンズへ、ウィメンズがメンズへ、それぞれが行き来するジェンダーレスなムードを表現している。今シーズン、MAISON KITSUNÉが再定義するマニフェストは、オプティミスティックで大胆なビジョンと自由で開放されたスタイル。そこへ蛍光に輝くインプリントのファブリックとニットがソフト&ポップに差し込まれている。素材使いはまるでNO BORDERS NO LIMITS…パッチワークやストライプなどでミックスされたマテリアル、ブレンドやオーバーラップされたテクスチャー、そしてレリーフのような凹凸が随所に見られる。またリブ状やカッティングが施されたベルベット、テクスチャージーンズ、バタフライサングラス、フェイクレザー、ドレープがかったウール、シェニール織など立体感のある3D的要素がコレクションに取り込まれている。プレイフルでサイケデリックという奔放なアティチュードを持ったスタイリングはジャケットはシャツとして、テイラードパンツはスポーティーに着用するなど、ジャンルやルールの壁を超え、洋服本来の楽しさを提供。新しいガーメントの提案として、ヴィンテージスタイルをモダナイズしたような、ポケットは大きくなりベルトがあしらわれるなど、シルエットをリフレッシュさせるピースが登場する。縫い目の間から、見えないものが覗くように…。MAISON KITSUNÉは冒険し、喜びを見つけ、そしてアクセサリーをスピリチュアルな旅での思い出の品のように増やしていく。クリエイティブディレクターYuni Ahnは、彼女が3シーズンに渡り落とし込んできたMAISON KITSUNÉのスタイル、テクニックの全てを今シーズンでまとめ上げた。彼女のクリエイティビティとMAISON KITSUNÉのパリのスタジオのノウハウがこの解放されたシルエットを生み、モダンでタイムレスという新しいスタンダードをコレクションに反映させている。

 

 

 





MATCHESFASHION.COM - JP