BOSS PRE-FALL 2020 COLLECTION「BOSS loves 上海」アートの中心地であるタンク上海がBOSSのカラフルな着こなしのアートに包まれる

BOSS(ボス)プレフォール2020コレクションは「BOSS loves 上海」。かつてのオイルタンク、そして今やアートの中心地であるタンク上海(Tank Shanghai)というユニークなエリアを舞台に、BOSS初のメンズ&ウィメンズのプレ・フォールランウェイショーが「BOSS loves 上海」のタイトルのもとに開催され、タンク上海はBOSSのカラフルな着こなしのアートに包まれた。ショー前日には上海にて2年に1度のHUGO BOSSアジア・アート・アウォードを開催し、ショーの後には800名のゲストがアフターパーティーに参加。ダイナミックで未来へと突き進んでいる都市への敬意を表する機会である今回のショーにはBOSSアイウェアのアンバサダーであるヘンリー・カヴィルやウー・ズンら、国際的なスターが出席した。客席が中心に設えられた円形の会場では、客席を取り囲むようなキャットウォークをモデルが闊歩。実際のモデルの横で並んで歩みを進めるように、壁に投影した3メートルの高さのそれぞれのモデルが闊歩した。会場の内外では、コレクションでのキーカラーであるアシッド・ライムに光る「BOSS loves 上海」のロゴが全体を彩った。BOSSプレ・フォール2020年コレクションは、ブランドの象徴的なテイラリングを出発点とし、様々な方向へと展開していく。サンド、ネイビー、オフホワイト、そしてエッグプラント等、それぞれの色で頭からつま先までワントーンでルックが構成された衣装がコレクションの中心となった。カモフラージュのアニマルプリントやミントグリーンのローズピンクの差し色がコレクション全体に更なる深みや力強さを与え、魅力的なアシッド・ライムのアクセントがワクワクさせるムードを盛り上げた。オフホワイトのタキシードなどの軽量なスーツや様々な色で展開しているフェミニンなドレスは、来る季節のスタイルについての期待とインスピレーションを与えてくれる。紙のような手触りのナイロン、しわを寄せた二重織りのコットンや花柄のレース、そして流れるようなシルクなど、生地はゆったりとしいて軽く、そしてモダンなものを選択。コンテンポラリーなクールさを持つBOSSアイウェアで、BOSSマンとウーマンを夏のスタイルへと導くでしょう。アフターパーティーではヒップホップスターのA-Yue(張震嶽)とMC HotDog(MC ホットドッグ)やDJ アーサー・ブレイとVJ Kwonyが壮観な光のショーと共に会場を盛り上げた。

■BOSS

www.hugoboss.com