STUDIO SEVEN 2020 SPRING/SUMMER COLLECITON 2000年初頭のUSのストリートシーンを現在の「東京」というフィルターを通して表現

STUDIO SEVEN(スタジオ セブン)の2020年春夏コレクションは、2000年初頭のUSのストリートシーンを現在の「東京」というフィルターを通して表現。当時のファッションを、STUDIO SEVENならではの独自の繊細な技法によって、モダンに具現化され、デザインやフィットに表現されており、手染めのタイダイアイテムや、セットアップのアイテムは、当時のダンサーのウェアを現代風にアップデート。注目は「STUDIO SEVEN」の文字が描かれたカモ柄、今期のシグネチャーグラフィックとして、大胆に生地に落とし込まれている。美しいパステルカラーやアースカラーが多く使用されたアイテムたちは、カルチャーとYOUTHが合わさったフレッシュなコレクションとなっている。また、コラボレーションアイテムも目白押し。HUNTING WORLDはアパレルからバッグ、シューズの一式を揃えて登場。ハットはKIJIMA TAKAYUKI、シューズはブランド開始初期よりお馴染みのMIHARA YASUHIROのアイテムにも注目が集まっている。

■STUDIO SEVEN

https://www.seven-official.jp/