COS 2020 SPRING/SUMMER COLLECTION 細部にこだわるクラフツマンシップを駆使したモダンなガーメントデザインを提案

COS(コス)の2020年春夏コレクションは、多分野にまたがる功利主義と解体された建築的レファレンスによってつながる卓越した2つのコンセプトを掘り下げる。技術と革新は、ミニマリストのローエッジな最先端技術と密接に連携し、クラシックを再定義したコレクションを形成。今シーズンは、細部にこだわるクラフツマンシップを駆使したモダンなガーメントデザインを提案。植物性の染料を用いたファブリックや、コーティング加工を施したデニムで革新を具体化し、再考されたテクスチャーと構造は、ディティールを織り交ぜた特徴的なハイライトを生み出している。その一方で、フォイル加工のハイツイストファブリックは最新技術によりコットンと組み合わせられ、今シーズンのステートメントピースを完成させた。また、コレクションで使用しているすべてのコットンは100%持続可能な方法で供給されており、この中にはBetter Cotton Initiative(ベター・コットン・イニシアティブ)のオーガニック・リサイクル・リパーパスコットンも含まれる。コレクションを縁取る功利主義を反映したカラーパレットは、エクリュ、柔らかなニュートラルカラー、インダストリアルなグレーを基調に、ビビットなシアン、レッド、マスタードイエロー、インディゴブルーがアクセントを添える。地表の幾何学と空の解放感からインスピレーションを受け、今季のコレクションに新たなシルエットを取り入れた。ウィメンズウェアでは、オーバーサイズのプロポーションはリラックス感のあるスリムフィットに仕上げ、二重のレイヤーと隠しポケットは、今季のドレスの特徴的なデザイン。クラシックなスリーピーステーラリングには再定義を加え、絹紡糸を使用したノースリーブブレザー、ボクサーショーツ、ストレートレッグトラウザーなどのフォルムにローエッジな最新技術を用いている。フルイドドレスはエフォートレスなドレーピングで印象付けられ、テーラリングはコットンポプリンドレスに取り入れている。裾はモダンなフィット感を実現するため低い位置から高い位置へと作り直され、オフセットネックラインはタイムレスなピースへと再定義されている。メンズウェアでは、ダブルフェイスのコットンを縫い合わせたキルテッドジャケットがレイヤードのアイテムに軽さをプラス。メンズスタイルのよりフェミニンなアプローチで新しいマスキュリンを表現し、モジュラーでプレイフルなシルエットが完成。テーラリングに多機能的要素を引き出すドレーピングは、ダブルプレステッドブレザーやシャツに取り入れている。比翼仕立てのトレンチやコットンポプリンシャツは、控えめながら機能性があり、風景からのインスピレーションは独特な質感のジャガードソフトニットセーターに進化した。コレクションを完成させるテーラードスタイル。コーティング加工で様々なバリエーションを構成する今季のデニムスタイルと並ぶ。ウィメンズ・メンズ両方で展開されるミュールは、エフォートレスなシンプルさをもとにデザインされた。シェイプがデザインに影響をもたらすよう、さり気ない存在感を主張するリサイクルスターリングシルバーを使用した長方形のイヤリングと三角形に折りたたまれたレザーバッグ。メンズウェアの機能性をフォルムに落とし込んだマルチパーパスブランケットは、バッグとしても使用可能なデザイン。コレクションとともに進化するアクセサリーは、今シーズンのキーアイテムでもあり、ヘッドバンドや丸みを帯びたバレッタは幾何学的な風景から着想を受け、独特な質感を表現している。

■COS

https://www.cosstores.com/jp/https://www.instagram.com/cosstores_jp/