LOEWE WOMEN'S SPRING & SUMMER 2020 COLLECTION 究極のフェミニニティとラグジュアリーがこの上なく優美な高みへと昇華 #LOEWESS20

ユネスコ本部内に設けられたLOEWE(ロエベ)2020春夏ウィメンズコレクションのセットは、純正で神聖な場所をリッチなクリーム色のカーペットともに演出。鉢に植えられたパンパスグラスと、一枚岩のアメジストジオードでできた装飾は、不透明なドレープ・カーテンで縁取られ、その静かで穏やかな表情をカーテンの機械的な動きが絶え間なく妨げている。ジョナサン・アンダーソンがデザインした今期コレクションは、上流階級のエレガンスを示唆。そこでは、究極のフェミニニティとラグジュアリーが、この上なく優美な高みへと昇華している。模倣を巧みに避け、ロエベならではのクラフトと細部にわたるこだわりに満ちた構成がうみだすシャープなステートメント。宙づり(吊るし)、親密さ(精密さ)、コントロールの要素が、新しいパニエ(バレリーナが着用するチュチュのスカートの形)シェイプと装飾の探求に加わり、ブドワール(貴婦人のプライベートルーム)で交わされる会話のデコンストラクト(脱構築主義)的要素を表現している。パリッとしたデコラティブなファブリックで奏でられるハーモニーを使い、重ね合わせた表面が、内側と外側の関係を対比する。ジオメトリックなギピュールレース、シャンティイレース、マーガレットレースは、マットな コットンと日本製サテンで覆われ、円形のマクラメやオーガンジーのボウ、ピンタックが入ったボイルは、巧みな職人技により新しい透け感を生み出す。ドレスとスカートにはハンカチーフヘムラインがあしらわれ、巧みな テーラーリングのボンデッドトレンチには、バックまたは胸元からのフリルでボリューム感をプラス。ケープのフォルムは、ニットのシュラッグから、人目を引く袖が付いたうねるような形のポンチョコートまで展開され、フリンジ、パール、ウッドビーズを繊細に重ね合わせ、露出した ショルダーの上に重ねられる。アクセサリーからは、新作「バルーン バッグ」が登場。スカルプテッドドローストリングのバケットスタイルで、全サイズ展開。スムースカーフレザー、クロシェットラフィア、クラシックキャンバスといった洗練された素材で展開される。イブニングには、クラシックな「ヒール ポーチ」を、リザードやクロコダイルなどのエキゾチックレザーのミナディエールとしてリサイズし、マラブーの手の込んだトリミング、フリンジのタッセル、クリスタルハイビスカスのブローチで飾っている。「ペニーローファー」は、スエードパイソンを使用したスクエアトゥのブーツ、またはカットアウトミュールへとプロポーションを変え、そこにパテントレザーのタンゴシューズ、スタックドモッドスリッポンも加わっている。