Mulberry Spring/Summer 2020 Collection「大胆にモダン」1980年代の活気に満ちたサブカルチャーと奇抜さを現代的で都会的な実用性という側面に掛け合わせる

Mulberry(マルベリー)の2020年春夏コレクションは”大胆にモダン”。自立した大胆なクリエイティビティは、マルベリーが表現する女性のメンタリティーとワードローブを表現する言葉。2020年春夏コレクションでは伝統的なスタイルに1980年代のテイストを加えて再解釈。1980年代の活気に満ちたサブカルチャーと奇抜さをマルベリーらしい現代的で都会的な実用性という側面に掛け合わせている。伝統的な模様は、グラフィカルなテイストでアップグレードされ、通常の組み合わせとは異なる方法で取り入れられている。カギとなるのは伝統的なタータンチェック。スタイリッシュながら、バイカーのアウトウェアに着想を得たイージーなシルエットのキルトへと変貌を遂げた。テキスタイルを彩る花々の模様は、男性らしいテーラリングに現代の女性らしさを加えている。泡のようなチュールに刺繍されたこれらの模様は、若々しく、無邪気で元気いっぱいのロマンスを表現。今シーズンのカラーパレットに登場するポーセリン・ブルーやスカーレット、ファイヤーフライ・イエローの輝きが、マルベリーのクラシカルカラーであるブリティッシュ・ネイビーやオーク、オックスブラッドに精彩をプラス。カラーブロックとして組み合わされることで色自体もモチーフに。ボディーを縁取るコントラストのある縫い目が一着一着の構造を際立たせる。新作バッグにはマルベリーのシグネチャーであるポストマンズロックがあしらわれ、時代にとらわれない実用性を備えている。ダーリー ショルダーバッグはシックなチェーンストラップのバッグ。ベルティッド ベイズウォーターはマルベリーを象徴するオリジナルのデザインをさらに女性らしく変貌させた。そしてコンパクトなベルティッド ベイズウォーター サッチェルは、若々しさ溢れるクロスボディバッグ。こうした洗練されたフォルムが、ロンドンに点在するマーケットからインスパイアされたエネルギッシュなトートバッグのカムデン ショッパーにまで完遂されている。アイリスは2020年春夏コレクションでも鍵となるアイテム。キルティングからプリントレザー、あるいはスタッズまでレトロなテクスチャーがあしらわれた幅広いバッグファミリーの一員となっている。マルベリーのシグネチャーでもあるマットクロコ型押しが今シーズンから再登場。キーリーやミリー、愛されてやまないアンバリーやベイズウォーターのシルエットに魅力的なタッチを加えている。ローヒールとハイヒールのあるレースアップあるいはスリッポンスタイルのパンキーパンプス。ポインテッド・トゥにあしらわれたバックルやリベットを通してグラムメタルの影響が感じられる。無邪気に移り変わるエッジーでスポーティーなシルエット。チャンキーソールのサンダルがイブニングのエレガンスとコントラストを生みだし、テーラリングを取り入れたスニーカーはスマートでダイナミックな印象を与える。今シーズンのパターンに取り入れられたパンク要素はジュエリーにも見られ、スクエアのチェーンやピラミッド型のスタッズによるアクセント、そして吊り下げられたチャームは控えめに反抗精神を主張しているかのよう。品のある贅沢な品々にはシルバーとゴールドの両方が用いられている。アイウェアシリーズの3ファミリーには、8つのフレームが仲間入り。メタリックなパイロットサングラスにはユニセックスなバリエーション、アセテート製のバタフライフレームにはきらびやかでポップな彩り、レトロなスクエアフレームにはサイズ感で遊び心をプラス。ひとつひとつのルックを完成させるアクセントとなること間違いなし。クリエイティブ・ディレクターであるジョニー・コカは、「このコレクションはマルベリーというブランドそのものです。グラフィカルでダイナミック、英国のアイコニックなミューズたちから着想を得て、自由な精神でデザインされています。ひとつひとつのアイテムが主張しているかのようなコレクション。日毎、あるいは瞬間毎の気分に合わせられるアイテムばかりを集めました。バッグやシューズ、そしてジュエリーはシルエットにアクセントをプラスする。シルエットを完成させるものであれ、それを崩すものであれ、常に際立たせるものとなっているのです。」と話している。