Sportmax 2020 Spring/Summer Collection 大規模な動く彫刻やインスタレーションで知られるアーティスト ダニエル・ウーツェルにインスパイアされた自由で軽快な雰囲気あふれる旅に出発

©Jason Llyod Evans

Sportmax(スポーツマックス)の2020年春夏コレクションは、大規模なキネティック・スカルプチャ(動く彫刻)やインスタレーションで知られるアーティストDaniel Wurtzel(ダニエル・ウーツェル)にインスパイアされた、自由で軽快な雰囲気あふれる旅に出発。身体と魂が解放されていくような感覚を私たちに伝えてくれる作品が揃っている。今回のコレクションは、ネオロマンティックな女性らしさと、Sportmaxの核心にあり続けるサルトリアル(仕立て・裁縫)の大胆な解釈の力強い融合。まるで宙に浮いているようなファブリック、船の帆を模した三角形、ロープ、そしてスティッチまで、すべてのディテールから新しいシルエットが生まれる。美を定義するこのコードがもつアティチュードが、軽やかさ、動き、そして女性らしさに対する考え方を一新する。コレクションの見どころは、精緻なテーラリングと、流れるような繊細なシルエットとのコントラスト。ブラウスやプリントドレスは、まるで太陽の光によって色あせたように見える柔らかい色使いで統一されている。独特のシルエットをもつ優雅で柔らかなドレスのカギとなるのは、ボリューム感と透明性。ドレープは、理想的な女性らしさが強調されるように解釈をプラス。カフタンやシャツドレスは、ニットのポンチョやトップスとペアリング。テーラードスーツは、フェミニンな色使いと柔らかいファブリックで仕上げ、一方のパンツとスカートは、ふわりと軽やかなフラワープリントのシャツやブラウスか、スタイリングチェーンやレザーバンドのディテールが斬新なブラウスに合わせ、スタイルのコントラストを楽しんでおり、控えめなカラーパレットのフラワープリントは、あえてグロッシー仕上げで光沢を出している。サマーコットンのストライプファブリック、ゴム引き布を使ったジャージやジョーゼット、シルク、そしてレザー。コントラストのあるマテリアルのミックス&マッチやレイヤリングにより、レザーが流れるようなドレスや軽やかなシャツと出会い、首元や袖口にあしらわれている。スカートとベストは、ウーブンレザーで作られたユニークなファブリックで構成。洗練されたグラフィカルな格子縞を、レザーで編み込み、フリンジエッジとパイピングレザートリムのコンビネーションで仕上げている。コレクションのルックスに合わせるアクセサリーには、丸革紐を備えたアンクルラップサンダルや未来的なシルエットのハイパフォーマンススニーカーに加え、スポーティなレザーキャップ、バケツ型バッグ、そして斬新なシェイプやマテリアルのコンビネーションが特徴のアイウェアが登場。カラーパレットは、色あせた繊細なトーンが主役。ホワイトから、灰色がかったスカイブルー、ダスティーピンク、シーフォームグリーンなどの明るめの色合い、そしてコーンフラワーブルーやリッチなインディゴなどの深い色合いへと続いている。