Plan C Spring/Summer 2020 Collection「Personal, instinctive, effortless.」既存のルールを壊し、ファッションは自己表現のパワフルなツールとなる

Plan C(プラン シー)の2020年春夏コレクション「Personal, instinctive, effortless. 」は、コンセプチュアルでどこか意味深くありながらも、躍動感に溢れるシーズン。パーソナルで本能的かつ、エフォートレスな感覚を表現したコレクション。既存のルールを壊し、ファッションは自己表現のパワフルなツールとなる。ワークウェア、スポーツウェア、アーバンウェア、イブニングウェア… その境界線は無くなり、全てが集まれば、スタイルを語る独特でユニークなファッションのボキャブラリーとなり、コンフォータブルさはそのままに、新たなバランスのシルエットや独特のアイテムミックスはコレクションにエッジーなアプローチを際立たせ、ニュートラルと鮮やかなカラーがムードをプラス。エクリュとブラックでグラフィカルなコンビネーションを見せるキャンバスとエコレザーの組み合わせは、ジャケット、ベストやドレスに。リラックスしたサルトリアルブレザーにはボリュームのあるフェミニンなマキシスカートを合わせ、アイコニックで無邪気なイラストをプリントしたシャツはペーパーバッグの様なウエストパンツにタックイン。ポロドレス、ニットポロシャツとテクスチャ―のあるルーズなカーディガンのカラーブロッキングとシルエットはヴィンテージスポーツからのインスピレーション。ブライトなトーンの格子柄は夏らしいストライプと並び、全面に散りばめた陽気なフローラルプリントはヴィスコースのマキシジャンプスーツとオーガンジードレスに。プリーツ、フリンジ、光沢プリントで描かれたのはカロリーナの娘マルガリータが友達のビアンカとベンチでスイミングクラスを待っている様子。クリーンなラインのトレンチコートに隠れるのは鮮やかなオーガンジーライニング。ジェイドグリーンのスーツでマニッシュさを醸し出せば、ポルカドットのドレスやカラーブロッキング、光沢感がフェミニンな一面を表現する。Plan Cには欠かせないコーティング加工のキャンバスを用いたアクセサリーに加え、新しいバッグが登場。タイムレスなエレガントさとシルエットを持つクロスボディのレザーバッグから、プリントとドローストリングが新鮮なトート、カラーブロックのサッチェル、バックパックとクラッチまで、エコレザーオプションも広がっている。