ANN DEMEULEMEESTER SPRING/SUMMER 2020 MEN'S COLLECTION ロマンティズムとワークウェアーを元にマリナー(船乗り)からインスピレーション

ANN DEMEULEMEESTER(アン ドゥムルメステール)2020春夏メンズコレクション。アントワープの港は常に北海と人類の運命を結びつけてきた。海岸線から離れて漁獲したり、あるいは単に長期にわたって彼らの船を停泊させたり、労働者たちは何世紀にもわたって港で働いてきた。ロマンティズムとワークウェアーを元に、Sebastien Meunierはアメリカへ渡るRed Star Lineフェリーの乗客者やドッカー、フィッシャーマンなど、マリナー(船乗り)からインスピレーションを引き出している。今シーズンのコレクションはピーコート、チュニック、ベスト・トップス、オフィサー・ジャケットなどのクラシックアイテムをデコンストラクトした新しいルックを提案。Rainer Werner Fassbinder監督が俳優Brad Davisを通して命を吹き込んだベルギーの船乗りQuerelleの人物像もコレクションに奇妙な曖昧さを与えている。多数のボタンを使用したジャケットやベストがボディーとスキンの遊びを生み出し、ハイブリッドで幅広い着こなしのできるコレクションとなっている。レングスとボリュームのコントラストを通して構成されたアウトフィット。オーバーサイズシャツやレディースのロングドレスはカットオフトラウザーと一緒に。取り外し可能なセーラー・カラー、刺繍のアンカー、貝や甲殻類のプリントは、フランドルのアーティストMarcel Broodthaersのシュールなユーモアに基づいている。マリンのシンボルを多く含むシェイクスピアーの言葉もコレクションに散りばめられている。ヘッドウエアーの生地に使用されているリネン、コットンキャンバス、そしてデニムはシルクやルレックスと一緒に組み合わせられ、ブラック&ホワイトに、落ち着いたカラー・パレットや鮮やかなシェイドによる展開。ボディにぴったりとしたコットンジャージやアンダースカートは、前世紀の初めのメンズおよびレディースのランジェリーを彷彿とさせる。大きなバッグはカジュアルに片方の肩に抱えられ、ボリュームとラインの間に強いコントラストを生み出している。伝統的なフィッシャーマンのラバーブーツが本革、また様々な色で再訪。ハイカットまたはローカット、フラットまたはヒールで全体的なエフェクトは断固としてコンテンポラリーなコレクションとなっている。